page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・ホーチミン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ホーチミン最大の観光のメッカ「ドンコイエリア」


掲載日:2018/09/12 テーマ:観光地・名所 行き先: ベトナム / ホーチミン

タグ: スパ 一度は行きたい 街歩き


ホーチミンで旅行者が最も行き交う場所

交通量も多いので、横断するときは気を付けて 交通量も多いので、横断するときは気を付けて

ホーチミン最大の観光のメッカであり、またショッピングエリアでもある「ドンコイエリア」。ドンコイ通りをメインストリートに置き、グエンフエ通り、マックチブオイ通り、ドンユー通りといった複数の道で構成されています。起点は市民劇場(オペラハウス)で、西に行くと聖母マリア教会と中央郵便局があります。東を歩くと数百の商店がひしめくドンコイエリアへ入り、サイゴン川があるトンドゥックタン通りまで続きます。旅の拠点ともなる場所なので、多くの旅行者が一度はここを訪れることになりそうです。

高級ホテルが建ち並ぶエリア

市民劇場と、横に聳えるカラベルホテル 市民劇場と、横に聳えるカラベルホテル

ドンコイエリアは観光の中心のため、旅行者が滞在する4つ星、5つ星の高級ホテルも、このエリア内に多くあります。インターナショナルホテルとして名高いシェラトンやパークハイアット、ルネッサンスリバーサイド。ベトナム系ホテルとしては歴史あるコンチネンタルとマジェスティックなどが日本人に人気。もう1つの観光エリアであるベンタイン市場までも、徒歩10分少々。タクシーで5分とかからないため、旅に不慣れな方や、移動をなるべく少なくしたい旅行者も、このドンコイエリアのホテルを選ぶといいでしょう。

お土産、グルメ、癒しもここで

市場とは一線を画すお土産が並ぶ 市場とは一線を画すお土産が並ぶ

ドンコイエリアに並ぶ商店は、すべてが観光客向け。お土産店、レストラン、カフェ、エステ、ツアーデスク、両替所などが所狭しと並んでいます。その数は数百にも上るため、一軒一軒すべて見て回るのは不可能。雑貨店は、歩きながらウィンドウショッピングをして、気に入った店に入ってみるのがいいでしょう。また、レストランやスパは、予めガイドブックや観光サイトなどを見て、住所を控えておくのが吉。特にスパは店によってサービスの質に大きな差があることは覚えておきましょう。

夜のドンコイエリアを歩く

一番観光しやすい時間帯でもある 一番観光しやすい時間帯でもある

ドンコイエリアは夜もにぎやか。ドンコイ通りと並行して走るグエンフエ通りは、道幅広い歩行者天国になっていて、夜は噴水のイルミネーションショーが開催されますし、ベトナムらしい屋台も多数出没します。サイゴン川沿いは現地のカップルの憩いの場所となって、バイクに二人跨って愛を囁く様子をのぞくことができます。お店は夜の20時から23時頃までやっているので、この時間に雑貨を探すのもいいかもしれません。夜の雰囲気もあって、ついつい買いすぎてしまうかも……。

関連情報

1日中観光客が行き交うドンコイ通り 1日中観光客が行き交うドンコイ通り

■ドンコイエリア(Dong Khoi Area)
住所:Dong Khoi St. Dist.1, Ho Chi Minh
営業時間:お店によって異なる(大体8:00〜22:00)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/09/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索