page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・ホーチミン・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

昼も夜も楽しめる!ハノイ中心に広がる観光地「旧市街」


掲載日:2018/12/05 テーマ:歴史 行き先: ベトナム / ホーチミン

タグ: 街歩き 建築 史跡


ハノイの一大観光地「旧市街」

夜の旧市街は一段とにぎやかになる 夜の旧市街は一段とにぎやかになる

ほとんどのハノイ旅行者が一度は足を踏み入れるであろう観光地の「旧市街」。ホアンキエム湖北部に広がるエリアで、11世紀の町並みを残す一方、一区画においてはホテルやレストラン、雑貨店にツアーデスクといった旅行者向けのお店も充実しているのが特徴。ハノイ観光における滞在の拠点としても知られています。日本人旅行者も多く、ガイドブックに紹介されているレストランやホテル、カフェの多くがこの旧市街に点在しています。

古くは一大商業都市

旧市街のハンティエック通りにて 旧市街のハンティエック通りにて

ホアルーからハノイに遷都したのが1010年のこと。ここハノイは当時タンロンと呼ばれていて、旧市街西方にあるタンロン城(現世界遺産登録)が町の中心でした。そのタンロン城からここ旧市街まで城下町は広がり、旧市街はその中の最大規模の商業区としてにぎわっていました。現在の旧市街の町並みはある程度改築修繕されているものの、その古き雰囲気がハノイの町によく馴染み、旅行者の市内観光における、最大の観光エリアとして親しまれるようになりました。

市内及び市外のオプショナルツアーも旧市街から

日系旅行会社もある 日系旅行会社もある

旧市街には旅行会社やツアーデスクも多くあり、日本から予約できなかった旅行者は、ここで現地オプショナルツアーを手配することもできます。日本の旅行会社もいくつかありますので、日本語ガイドが必要な方は相談してみるといいでしょう。また、その他ツアーデスクは英語ガイドですがその分安く参加することができます。人気のツアーは「サパのトレッキング」や「ニンビン省のボートツアー」、「バッチャン村の半日観光」など。いずれも郊外にあるためタクシーでは難しく、基本はツアーへの参加が必須となります。

観光のメインは夜

ベトナムらしい路上屋台の光景 ベトナムらしい路上屋台の光景

旧市街はその古き町並みが印象的ですが、その一方でお店のほとんどは玄関ドアを開け放しているため冷房がありません。汗ばむ時間帯だと歩くだけで疲れてしまうかもしれません。そこで、旧市街における観光は夜が非常におすすめ。夜になると現地人やツアーを終えた旅行者が続々と旧市街に訪れ、路上屋台や食堂飯にありついたり、雑貨店でショッピングを楽しみます。また週末にはナイトマーケットも開催され、こちらも旅行者は必須で参加したいところです。

【関連情報】

個人商店が並ぶ旧市街 個人商店が並ぶ旧市街

■旧市街(Old Quarter)
住所:Old Quarter Dist.Hoan Kiem, Ha Noi
営業時間:お店によって異なる(大体8:00〜22:00)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/12/05)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索