page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・ホーチミン・リゾートの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

子供連れからカップルまで!ムイネーの砂丘でリゾートを堪能!


掲載日:2019/10/27 テーマ:リゾート 行き先: ベトナム / ホーチミン

タグ: 一度は行きたい 絶景 大自然


美しいムイネー砂丘を眺めに

白い砂丘と呼ばれる観光地 白い砂丘と呼ばれる観光地

近年じわじわと日本人旅行者に知名度が上がってきている「ムイネー」。まだ日本からの直行便がないため、一度ホーチミンに降り立ち、市内から発着している長距離バスに乗ってムイネーへ行くことができます。欧米人には2000年代頃から人気が出てきた観光地で、特にロシアとオーストラリアからの定番の旅先としても知られています。そのムイネー旅行では、ビーチで海水浴をしたり、シーサイドのバンガローに宿泊したり、遺跡見学や渓流散歩といった自然散策を楽しむことができますが、その中でも最大の観光地が「ムイネー砂丘」です。

砂丘までのアクセス

海岸沿いの道路をひたすら進む 海岸沿いの道路をひたすら進む

ムイネー砂丘は観光エリア内に複数散らばっています。ガイドブックでは黄砂のイエローサデューン、白砂のホワイトサデューンなどが紹介されていますが、その内最も簡単に行くことができるのが、イエローサデューン。観光地の比較的中心にあります。また、それ以外の場所もレンタルバイク、タクシー、ツアー参加などで行くことができます。おすすめはツアー参加です。専用車を貸し切ることができるので、ファミリーや友達同士といった団体旅行にも向いています。タクシーで行く場合は、砂丘で遊んでいる間は近くで待機してもらう必要があるので、別途交渉する必要があるので少しハードルが高いかもしれません。

子供は絶対楽しめるイエローサデューン

毎日観光客で賑わうイエローサデューン 毎日観光客で賑わうイエローサデューン

観光のメインストリートのグエンディンチウ通りをひたすら東に進んだ先に見えてくるのが、黄砂が積もったイエローサデューンです。砂丘への入場は無料。さらさらとした丘を駆け上がり、そこから眺められる景色は絶景。また行商にプラスチックのソリを借りれば、丘から砂滑りを楽しむことができます。こちらは子供なら絶対に楽しむことができるはずです。砂丘の周辺には休憩できるレストランやカフェはありませんので、食事はホテルかグエンディンチウ通りで済ませてから行くといいでしょう。また、日中は非常に日差しが厳しいので、朝の早い時間か夕方前に行くのがおすすめです。

美しい地平線を眺めに。ホワイトサデューン

湖の傍らに広がるホワイトサデューン 湖の傍らに広がるホワイトサデューン

友人同士やカップルならホワイトサデューンがおすすめです。ムイネー市街からちょっと距離があり、車で30分から40分ほど郊外に行ったところに広がります。ホワイトサデューンはイエローサデューンと異なり自由に散策はできず、ジープやバギーに乗っての散策となります。いずれも一台貸し切りとなるので、人数が多ければそれだけ安く済みます。ホワイトサデューンの特徴はなんといっても清潔。湖の傍らに広がる砂丘で、遠くにくっきりと見える地平線は美観の一言。この上ないリゾートらしい時間を満喫することができるでしょう。

関連情報

イエローサデューンの行商 イエローサデューンの行商

■イエローサデューン
入場無料
※ソリのレンタルは無料ですがチップが必要。相場は5万ドン。
アクセス:グエンディンチウ通りから車で東に約10分
■ホワイトサデューン
入場時にジープかバギーかを選択。料金は現地で確認
アクセス:グエンディンチウ通りから車で郊外へ約30分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/10/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索