どうしてベトナムではコーヒーが愛されているのでしょう

ベトナム旅行に出かけたら、ぜひ楽しみたいのが本場のベトナムコーヒー。東南アジアでコーヒー文化のある国というとちょっと意外な気がしますが、ベトナムは19世紀の宗主国だったフランスの文化的な影響を色濃く残す国。コーヒーを楽しむ習慣も、フランスの置き土産という訳です。その証拠に、ベトナム語でコーヒーはフランス語そのままの「カフェ」、ただし淹れ方や飲み方はベトナム独特でとてもユニークなものです。

ベトナム名物、超甘〜いコーヒー ベトナム名物、超甘〜いコーヒー

ベトナムコーヒーのユニークな淹れ方

ベトナムではコーヒーを飲む時は、アルミ製の一人用のフィルターを使います。カップに乗せる平たいお皿部分、そこに細かい穴がたくさん空いたお湯を注ぐ筒状の部分、筒の中で粉を押さえる中蓋、保温のための上蓋の4つのパーツを組み合わせて使うこのフィルターは、ベトナムコーヒーには欠かせない道具。元々はフランスで普通に使われていたそうですが、今ではフランス国内でも見かけなくなったので、ベトナムでしか見かけないものかもしれません。

現地で楽しむコーヒーブレイク

ベトナムに到着したら、さっそくコーヒーを飲んでみましょう。ベトナムではチェーン店から路地裏のカフェまで、街のそこかしこでコーヒーブレイクを楽しむ事ができます。ホットコーヒーなら「カフェ」、アイスコーヒーなら「カフェ・ダー」と注文すればOK。アイスコーヒーの場合は、お店によってホットコーヒーと氷入りのグラスが運ばれてきて、自分で注ぐスタイルもあります。おススメなのがミルク入りのアイスコーヒー「カフェ・スァ・ダー」。ミルクと言ってもベトナムでは練乳を使うのが一般的、たっぷりの練乳をかき混ぜた甘〜いミルクコーヒーは、コーヒーキャンディーのようなどこか懐かしい味がします。溶けていく氷で薄めながら飲むと、疲れも取れていく気がします。

現地の味を帰国後も楽しんでみよう

ベトナムコーヒーが気に入ったらお土産に買って帰るのもいいでしょう。ベトナムではコーヒー豆の生産も盛んで、特に中南部の高原地域バンメトートは名産地として有名です。バターを使って深く焙煎された豆は、ホーチミンなどの市場でも手に入りますが、専門店で買う方が安心。一緒にアルミ製のコーヒーフィルターも買ってお土産にしても喜ばれますよ。