それではフォーを注文してみましょう

ベトナムは初めてという方のために、フォーの食べ方をご紹介しましょう。(ここでは南部のフォーを例にしてみます)まず、お店に入ったらフォーを注文してみましょう。ちなみに「フォー」の発音はベトナム語の中でもかなり難しいので、メニューがある場合は指を指して注文するとスムーズにいくと思います。もちろん周りの人が食べているものを指さしてお願いしても問題ありません。屋台などの場合は、注文するとすぐに目の前で作ってくれるので、その様子を眺めているのも楽しいです。

まさに日本のラーメン感覚!ベトナムで国民的人気の麺料理 後編 まさに日本のラーメン感覚!ベトナムで国民的人気の麺料理 後編

フォーの食べ方はカスタマイズが楽しい

少しすると、うつわに入ったフォーと、別皿にトッピングの生野菜が運ばれてきます。このトッピング、南部では特に種類も量も豊かで、もやし、レタス、バジルやコリアンダー、ベトナム独特のドクダミのような香りのハーブ類などが盛り合わせになっています。このトッピングはもちろん無料ですので、適当な大きさにちぎってスープに入れます。ライムが添えられている場合は好みで絞って加えると、さっぱりとした味わいになります。他にも、テーブルにある唐辛子やチリソース、ベトナムの魚醤ニョクマムや酢なども自由に足していいので、自分の好みの味を見つけてみましょう。

お財布にも優しいフォーは旅行者の味方

ベトナムの人達はフォーが本当に大好き、朝はもちろん、お昼に夜にと、街を歩いていると、一日中フォーを食べている人の姿に出会います。実はベトナムの人はフォーを自宅で作ることはほぼなく、外食するのが基本、そのためお店の味も切磋琢磨して美味しくなっているのかもしれません。旅行者にとっても手軽に食べられる麺料理は強い味方。庶民的な食堂なら日本円で100〜200円程度と、ちょっと小腹が空いた時にもぴったりです。米麺なので日本のラーメンと比べるとカロリー抑え目なのも女性にも嬉しいところです。私もベトナム旅行中は、朝と昼はフォーを食べていました。

帰国しても味わいたいという方へ

ベトナムでフォーが気に入ったという方は、食材を買ってみるのもおすすめです。日本のラーメンの乾麺のようなインスタントのフォーや、フォーのスープの素がスーパーで売っています。生野菜は日本でも同じものが手に入るので、自宅で現地の味を再現することも可能です。お土産にしても喜ばれそうですね。