東南アジアで一番デザートが充実しているベトナム

旅に出ると、今、ここでしか食べられないからデザートまでばっちり決めたくなります。お米で作ったフォーやベトナム風お好み焼きのバインセオなど、ベトナム料理は東南アジアの中で辛い料理が少なく、日本人向きといえます。おいしいごはんでおなかいっぱいですが、デザートは別腹!それにベトナムのデザートのおいしさと種類の豊富さは、半端じゃないのです。食べずに帰るなんてもったいない。米、緑豆、バナナで作った東南アジア的なおやつもあります。フランスの植民地だったせいかプリンやワッフル、ケーキなどフランスの影響を受けたお菓子もあります。そんなベトナムスイーツの中で私のいちおしは「CHE(チェー)」です。

ごはんを一回減らしてデザートにかけてもいい!ベトナムのチェー! ごはんを一回減らしてデザートにかけてもいい!ベトナムのチェー!

チェーっていったいどんなデザート?

チェーはベトナムの伝統的なおやつです。その土地でとれる豆や蓮の実などを甘く煮て、お客をもてなすときに食べられていました。これがチェーの始まりです。ぜんざいによく似た和風のものもあれば、パフェのような洋風のものもあり、一言では言い表せません。とりあえずは食べに行ってみましょう!チェーは屋台、手押し車、専門店などで売られています。ホーチミンなら、中心部にあるベンタイン市場がなんといっても充実しています。

豆、フルーツ、レンコン?具の種類も豊富なチェー

おすすめは「チェータップカム」です。緑豆、小豆、タピオカなどをコップに入れ、そこにココナッツミルクと氷を入れたものです。豆たっぷりなのでどこか和風です。柄の長いスプーンでかき混ぜて食べると、暑さも吹き飛びます。「チェーコックタイシロ」は、フルーツたっぷりが好みの人におすすめ。これはドラゴンフルーツ、パイナップルなどのフルーツのシロップ漬けに氷を入れたチェーです。蓮の実、レンコン、ハトムギなど体にいい素材を使った薬膳チェーの「サンボールン」も人気があります。お店が変わると同じ種類のチェーでも具の組み合わせが微妙にかわり、それを試すのもまた楽しいのです。

ハノイで人気の温かいチェーにまいりました!

北部のハノイに行くと、冬は連日、霧雨がふる肌寒い気候です。そうなると温かいチェーのお出ましです。「チェーバーバー」はサツマイモ、タロイモ、タピオカなどをココナッツミルクで煮たチェーです。かなりおなかにきますが、イモのゴロゴロ感とココナッツミルクの組み合わせが絶妙です。緑豆あん入りお餅をしょうがシロップ入りのココナッツミルクで食べるのは「チェーチョイヌック」。しょうがとココナツミルクって相性抜群です。連日、食べても食べつくせない、ハズレもゼロ!1食ごはんを減らして、チェーを食べても後悔はしません。南北に長いベトナムスイーツを極める旅をしてみるのもいいですね!