本場の生春巻きは、感動の連続!

ホーチミンで初めて食べた生春巻き。ライスペーパーから透けて見えるエビとはみでたニラが、なんともおいしそう! 屋台のおばちゃんが、ひざにおいたアルミのお盆の裏側を使って、ライスペーパーを手早く、きれいに巻く技にも驚きました。大量のサニーレタスが入っているのに、ライスペーパーが少しも破れません。水で濡らした手で乾燥したライスペーパーを、さっとなぜるだけで、ほどよい湿り気を与え、それでいてパリパリ感も維持します。このあたりの感覚も絶妙。出来立てほやほやの生春巻きは、「うまいっ!」と声を出したくなるほどでした。

ネム・クォンに入っているネムは発酵ソーセージですが、臭みは気になりません ネム・クォンに入っているネムは発酵ソーセージですが、臭みは気になりません

日本人好みの生春巻きは、ベトナムではめずらしい料理?

日本人好みと言われるベトナム料理の中でも、とりわけファンが多い生春巻きは、南部では「ゴイ・クォン」と言います。意外なことに、ゴイ・クォンはベトナムでは、マイナー料理です。ベトナム料理の中で、ゴイ・クォンの位置づけは、おかずと言うよりはスナックです。小腹がすいたときに、ちょこっとつまむもの。そんな時、市場や屋台が並んでいるところに行って、ゴイ・クォンでおやつタイムにしたいのですが、全然、見つかりません。簡単に見つけられたのは、ホーチミンとハノイだけでした。しかも南のホーチミンと北のハノイでは、具も包み方も全く異なります。

ホーチミンのゴイ・クォンとは?

ホーチミンのゴイ・クォンの定番の具と言えば、ブンです。これはベトナムのそうめんです。ブンの原料はお米なので、ブン入りのゴイ・クォンを食べると、けっこうお腹にきます。他の具は、エビ、豚肉、ニラなどです。日本では、生春巻きと言えば、もやしが入っているものだと思ってましたが、ホーチミンでは、もやしはあまり使わないようです。また、ライスペーパーも包むときに両端をきちんと内側にしまいこみます。食べた時の食感は、ゆでたブン入りなので、外はパリッと、中はしっとりです。

ハノイのネム・クォンとは?

ハノイでは、生春巻きを「ネム・クォン」と言います。「ネム」は発酵ソーセージです。このネムが入っているので、ネム・クォンです。他の具は、青いパパイヤの千切り、豚の耳や皮などです。包み方は、ライスペーパーの両端も内側にしまい込まず、クルンと巻くだけです。食べると、ネム・クォンは、パパイヤのシャキシャキ感と豚の耳のコリコリ感がすごいんです。とにかく、あごをしっかり使って、噛む作業を怠ると、食べられないような感じです。しっとり派のホーチミン、シャキシャキコリコリ派のハノイ。あなたはどちらの生春巻きが好みですか?