東南アジアで一番かもしれない、ベトナムのデザート

東南アジアの食の話になると、タイ派かベトナム派かに分かれます。私はスパイシーな料理が大好きなので、もちろんタイ派です。フエなど、中部にはスパイシーな料理もありますが、ベトナム料理は、タイ料理と比べると、穏やかな味付けです。そこが日本人にあうのか、ベトナム派の日本人も少なくありません。私は、麺にしろ米粉にしろ、甘味を感じるスープが、苦手です。ホーチミンを中心としたベトナム南部特有のちょっと甘い味付けが、私には合わないようです。タイのシャープな切れ味のスープが一番おいしいと思っています。こんなにタイびいきの私ですが、甘いデザートだけは、タイは、ベトナムに負けていることを認めます。

ホーチミンのベンタイン市場のスォンサッホッルーがおすすめ! ホーチミンのベンタイン市場のスォンサッホッルーがおすすめ!

ベトナムのチェーって、どんなデザート?

ホーチミンをはじめ、北部のハノイ、中部のダナンなど、ベトナム滞在中は毎日、「チェー」を食べ続けました。おいしくて、1日2回食べても飽きません。チェーとは、ベトナム版あんみつのようなデザートです。具は、寒天、タピオカ、バジルの種、小豆、緑豆あんなど、様々です。ココナッツミルク入りもあれば、さっぱりミルクなしもあります。具の組み合わせは、様々です。そこに氷、シロップ、時にはココナッツミルクを入れ、混ぜて食べます。チェーは、浅くて口の広い器でなく、縦長のガラスのコップに入っています。それを柄の長い細いスプーンでかき混ぜて食べるのが、なんとも言えず、ベトナムらしくていいんです。

冷たいチェーを食べるなら、ホーチミン!

チェーのレパートリーが広いのは、何と言っても南部のホーチミンです。色鮮やかで華やかな見た目のものが、そろってます。おすすめは「スォンサッホッルー」です。くずきり、タピオカ、緑豆あん、ココナッツミルクたっぷりの甘いチェーです。赤く色づけした寒天のようなものも入っており、見た目の美しさも美味しさもパーフェクトです。小豆、緑豆あん、緑の細長いゼリーが入った「サンバウ」もおすすめです。体に良さそうなものが好きな人には、ココナッツミルクなしで蓮の実入りの「ハッセン」はどうですか。

温かいチェーなら、ハノイが一番!

また、北部のハノイは、12月から1月は小雨が降る肌寒い日が多いところです。こんなハノイでは、温かいチェーが食べられます。温かいチェーは、こぶりのお碗に入ったもので、どことなく和風な感じもします。ゆでたサツマイモと里芋の温かいココナッツミルクをかけた「コァイモン」、緑豆あんとさつまいもあんの上に温かいココナッツミルクをかけた「ノーン」などが美味しいです。冷たいのも温かいのもよりどりみどり。デザートが大好きなあなた、ベトナムに行ったら、食後は、チェーで決めてくださいね!