日本ではなかなかできないオーダメイドも海外なら気軽に試せます

みなさんはオーダメイドで洋服を作ったことがありますか?国内では仕立て代が高額なこともあり、私もオーダメイドの経験はありませんでした。しかし海外旅行先で、お気に入りの布地で自分の身体にぴったり合う服を作ってもらってから、その楽しさに目覚めました。気になる仕立て代もシャツなら日本円で2000円程度からと気軽に頼めるので安心です。次の旅行ではみなさんもオーダメイドに挑戦してみませんか?

好きな布地を選んでオーダーメイドに挑戦 好きな布地を選んでオーダーメイドに挑戦

一着は持っていると便利?意外と使える民族衣装

また、その際、旅の記念として民族衣装を手に入れてみるのはどうでしょう。特に東南アジアでは、その国、地域ならではの美しい布地を使った伝統的な衣装に目を奪われます。西洋のドレスに比べて日本人の肌やスタイルにも似合うのも嬉しいポイント。結婚式やパーティーなどに着て行けば、華やかでいて個性的、しかも他の人とかぶる事も少ないので案外重宝します。既製品を買うことも可能ですが、東南アジア圏ではオーダメイドができるところも多いので、興味がある方はお店で相談してみましょう。

ベトナムはオーダメイド天国

例えばベトナムでは民族衣装の「アオザイ」とをオーダメイドできます。アオザイはスリットの深く入ったトップスとパンツを合わせたツーピース。身体にぴったりとフィットしたデザインがスタイルをよく見せてくれる効果があり、ツーリストにも人気です。アオザイを作る時の採寸箇所は正式には20箇所にもなるのだそう。ホーチミン・シティでは様々な布地からお気に入りを選んでアオザイを作れるお店がたくさんあります。英語はもちろん日本語でOKのところも多く、翌日仕上げも可能。旅行の際にぜひ1着仕立ててみてはいかがでしょう。値段も30ドルからとプチプライスなのも嬉しいです。

美しい布地ならタイシルクがおすすめ

一方、良質のシルクの生産地として世界的に有名なのがタイ。タイシルクはタイ東北部を中心に発展してきた伝統工芸品のひとつで、美しい光沢が特徴です。バンコクなどの大都市ではタイシルクの布地を使った様々なお土産品、インテリア用品、衣類を手に入れることができます。高価なシルクの布地も日本の値段に比べればかなり安価なので、旅行のたびにオーダメイドでスーツを何着も仕立てるというツーリストも少なくないそうです。タイを訪れる予定があったら是非上質のシルクでお気に入りの一着を仕立ててみませんか。