ベトナム旅行の合間にやってみたいこと

体のラインがびしっと出るアオザイを着た女性の国、ベトナム。日本人の口にあうベトナム料理を食べ歩く、市場でほろ苦いプリンを楽しむ、キッチュな雑貨探しをするなど、ベトナムの楽しみ方は様々です。ベトナムはかわいいもの好きの女性の旅を満喫できる東南アジアの国です。こんなベトナムで素敵なアオザイをオーダーするのもいいですが、アオザイは普段は着られません。日本でいつも着ているような服のオーダー体験をしてみましょう。

おすすめ!ベトナムのローカルな仕立て屋でオーダーメイドの服作り! おすすめ!ベトナムのローカルな仕立て屋でオーダーメイドの服作り!

ベトナムについたら、いつ、仕立て屋さんに行けばいい?

ベトナム人女性が着ているアオザイはすべてオーダーです。おばあさんが着る「アオババ」というゆったりしたブラウスとパンツのセットがあります。これもオーダーです。ベトナムで仕立て屋で服を作るのがごく一般的です。お値段も安く、しかも腕がいい。アオザイは採寸する部分が多く、複雑な造りをしています。ベトナムの仕立て屋さんにとって、日本人好みのシンプルな服は簡単です。だいたい2,3日でできあがります。仕立て代は地元の人相手のお店ならシャツ1枚1000円ほどです。観光客も行く地域の店なら布代も含めて1枚3500円ぐらい。布持参なら2000円ぐらいです。ベトナムに到着後、できればその日のうちに仕立て屋さんを探し、当日中か翌日午前中にオーダーを出すのがおすすめです。布地は現地調達よりも持参が無難です。

仕立て屋さんにオーダーを出すときに必要なもの

ローカルプライスの仕立て屋さんはホーチミンなら、観光客が行く通りで探すのは至難の技。ガイドブックに載っていないローカルの市場の周辺で、ミシン数台で営業している店を探しましょう。ローカルな市場は、ホテルやゲストハウスの人に教えてもらうのも手です。見つけたら、さあオーダーです。服のイメージを紙に書いて説明するのはおすすめしません。細かいところまで伝えられません。しかも、ベトナム人は勝手にデザインを変更します。出来上がったものがイメージと違っていても「こっちのほうがかわいいから」と言います。気に入っている服を見本に持っていくのが一番です。これと同じサイズ、同じ形で作ってほしいと伝えて、布地を渡せばオッケーです。

オーダーをする時に絶対、忘れちゃいけないこと

重要なのは、絶対、受け渡し日や時間をぎりぎりにしないことです。できれば帰国前々日か、前日の午後早い時間を指定します。そうすれば安心です。オーダーが難しい時期はベトナムのお正月「テト」の1、2か月前です。ベトナム人はテトに新しい服を着る習慣があります。仕立て屋さんが一番忙しい時期なのです。そのため、時間もかかり、仕立て代も上がります。テトの時期をはずせば、オーダーは簡単です。できれば、地方都市のほうが安くできるのでおすすめです。服を受け取りに行くのが楽しみなベトナムの旅、いかがですか?