page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

恥ずかしいけど、そのときはやってくる。海外で、日本人同士でも英語を話すべきとき


掲載日:2019/03/23 テーマ:語学 行き先: ベトナム / ホーチミン

タグ: ためになる ひとり旅 ふれあい


日帰りツアーでのランチタイム

日帰りツアーでのランチタイム 日帰りツアーでのランチタイム

そのときは突然やってきました。ベトナムのホーチミンで、日帰りの現地ツアーに参加したときのこと。私は1人で参加、全部で30人ぐらいのツアーです。ランチがついていて、決まった店で、好きな者同士で食べてくださいといった状況でした。そこで私は、同じ1人参加の日本人女性と、ドイツ人男性との3人で、テーブルにつくことになりました。私と女性は今知り合ったばかりなので、「日本のどこからですか」「何日いるんですか」などと日本語で会話をしましたが、もちろんドイツ人男性は話に入れません。

瞬時の決断が迫られる

ツアーは欧米人が多く、日本人は私たち2人だけでした ツアーは欧米人が多く、日本人は私たち2人だけでした

ドイツ人男性とは英語のやりとりになります。「航空券はどうやって取りました?」という話題になって、彼女とドイツ人がひとしきり会話をする、私も英語で彼に質問する、そのうち私と女性が会話をするときがきて、私は決意しました。ここは日本人同士でも、英語をつづけなければといけないと。なんだか恥ずかしいけれど、思い切って彼女に英語で話しかけたら、彼女ももちろん応じてくれました。しばらくは日本人同士の英会話です。それをドイツ人もフンフンと聞いて、自然な表情。私が大変な緊張感で、日本人同士の英会話をつづけているとは、気づいてもいないようでした。

こんなに緊張するとは…

留学経験や海外居住経験があったりして、いろいろな場面に慣れている人であれば、なんてことないシチュエーションでしょう。でも、そうでない私にはちょっとした冒険でした。日本人に対して、あえて英語で話しかける気恥ずかしさ。まわりが全員、外国人のときとは違う、ヘンな照れがあります。それでも、ここで日本語を使ってはドイツ人に失礼。なんとか英語で乗り切ったことで、自分がハードルを1つ越えたような気がしました。

家族であっても、英語で話す

その後、中欧のスロバキアに行ったとき、ホステルで同室になったスウェーデン人の姉妹、カナダ人男性、私というメンバーで、1時間近く話をすることがありました。当然、会話は英語となります。私以外は英語ペラペラの人たち、話の半分ぐらいしかわからないこともありました。翌日、目が覚めると、スウェーデン人姉妹が何か小声で話していました。昨日あまりに英語堪能だったので、普段も英語で話しているかのように思っていたのですが、よく聞くとそれはスウェーデン語。当たり前のことなのにハッとしました。社交としての英語を、姉妹同士でもあんなに自然に、自在に話していたとは、なんてカッコイイのだろうと憧れてしまいました。

国際人への道のり

スウェーデン人姉妹にはとても及びませんが、私も気配りぐらいは頑張ろうと思いました。ヨーロッパのホステルのキッチンなどで、久々に日本人に会うと、つい日本語トークが炸裂してしまいます。それはいいのですが、近くに日本人でない人がいたときは、英語に切り替えて、みんなで話せるようにするのがスマートなのでしょう。英語ペラペラへの道は遠いけれど、少しでも国際人に近づくためにできることはありそうです。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/23)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索