page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・ホイアン・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界遺産のホイアンのメインストリートを歩こう!グルメに買い物!


掲載日:2020/09/15 テーマ:世界遺産 行き先: ベトナム / ホイアン

タグ: たのしい 一度は行きたい 屋台


世界遺産のホイアンは見どころたくさん!効率よく回ろう

ホイアン旧市街の街角にて ホイアン旧市街の街角にて

ベトナムの人気観光地であるホイアンは、中部ダナンからタクシーでわずか40分のところに位置しています。1999年にユネスコ世界遺産に登録されました。現在ではベトナムを代表する人気の観光地となり、世界から注目されています。ホイアンのある中部に旅行に訪れる方は、ホイアン以外にもダナン、ミーソン遺跡といった観光地にも足を運ぶため、ホイアン市街地を散策できる時間はそれほど多くはありません。一方でホイアンは17世紀に交易で栄えた町なので、観光範囲も広く、1日ですべてを回りきることは難しいです。ホイアン観光をする際には、事前にどこの通りを歩くのかを決めておき、効率のいい町散策を計画するのがおすすめです。

ファンチャウチン通りで絶品コムガーを食べる

鶏肉がご飯の上に載っているベトナム代表の皿飯 鶏肉がご飯の上に載っているベトナム代表の皿飯

ファンチャウチン通り(Phan Chau Trinh)はコムガーと呼ばれるベトナムチキンライスを食べられるお店がたくさん並んでいることで有名。十数のお店があるので、旅行者は路上屋台から食堂、レストランまで選ぶことができます。ホイアンにはカオラウ、ホワイトローズ、揚げワンタンがホイアン三大名物とされていますが、さらにコムガーとミークワン(麺料理)を加えた5品で「ホイアン五大名物」とも呼ばれています。交易時代にはホイアンは日本人町と中国人町で構成されていたとされています。中国人がいまに残していったチキンライスを是非ご賞味ください。

400年の時代を遡る「バクダン通り」

トゥボン川をただ眺める時間も悪くない トゥボン川をただ眺める時間も悪くない

ホイアンの全盛期でもある17世紀初頭には、日本からも徳川家康公が派遣した朱印船が何度も往来しました。その中にはトゥボン川近郊で沈没した船もあり、日本の寛永通宝なども発見されています。貿易の中継地点となるトゥボン川沿いを通るバクダン通りは、ホイアンのメインストリートの一つ。特に観光スポットはありませんが、通り沿いには川を眺めながら食事をとれるレストランやカフェ、雑貨店などが所狭しと並んでいて、また、船主と交渉して数十分のボートトリップも楽しむことができます。ホイアン400年の歴史を肌で感じていってください。

立ち寄るスポットは事前に考えておこう「チャンフー通り」

日本橋を背後にアオザイイベント 日本橋を背後にアオザイイベント

チャンフー通りは、ホイアンの象徴となる日本橋を起点に、ホイアン市場まで東に延びる長い一本道。ガイドブックに紹介されているような旧家や博物館、中華寺院などもこの通り沿いにほとんどあります。ホイアンの入場券には5箇所のスポットを見学できるチケットがついているので、事前にどこを見学するか決めておくのがいいでしょう。ちなみにホイアン全体では20箇所以上のスポットがあります。また日本橋周辺はイベントもよく開催されていて、夜には灯篭流しも体験することができます。日本橋自体も夜になると幻想的にライトアップされるので、時間がある方は昼と夜双方楽しんでみてください。

関連情報

旧家が建ち並ぶ 旧家が建ち並ぶ

■ホイアン歴史保護地区
住所:Hoi An旧市街(日本橋が中心)
アクセス:ダナンからタクシーで約40分。歴史保護地区内は乗り入れができないので、近場で降りてから歩いて旧市街に入る。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/09/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索