page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ベトナムの世界遺産ホイアンで、「ベトナムで1番おいしい?」との評判のバイン・ミーを食べてみた


掲載日:2017/06/03 テーマ:グルメ 行き先: ベトナム / ホイアン

タグ: おいしい 安い 一度は行きたい 珍しい 肉料理 歴史


長い行列ができていた!

これがベトナムで1番美味しいと評判のバイン・ミー これがベトナムで1番美味しいと評判のバイン・ミー

小雨の降りしきる中、その店の前では行列ができていました。2017年2月のことです。ホイアンの旧市街のはずれ、ファンチャウチン通りの東端の近くです。並ぶ人の多くはビニール製の合羽を着た外国人旅行者たちです。時間は午後2時。通りに横付けされた車に、何十個もフランスパンのサンドイッチの入ったビニール袋を持って乗り込む、地元の人もいます。この店こそが海外メディアで「ベトナムで1番おいしいバインミー」の店と言われている、『バイン・ミー・フーン』なのでした。ショーケースの向こう側では、4人ほどの女性がひっきりなしにフランスパンに具材を詰め込み、サンドイッチを作っています。フランスがベトナムに残した最大の食文化が、フランスパンでしょう。そこから派生したサンドイッチはバイン・ミーと呼ばれ、庶民にとってなくてはならない食事の一つになっているのです。僕と妻も並ぶことにしました。

いったいどれだけうまいのか?

行列を作る外国人旅行者たち 行列を作る外国人旅行者たち

ベトナムで、フォーを食べればまずハズレがないように、バイン・ミーを食べてもそうです。とくにこの店は、隣がパン屋というか、パン屋が営むバイン・ミー屋なのでした。ようやくありつけたバイン・ミーをレジ袋に入れていそいそと客が出てきます。1、2階に座席はあるようですが、一列に並んでいるので、状況はよくわかりません。若いバックパッカーたちが、店の周囲のあちらこちらで立ったまま、ある者は縁石に座ってパクついています。しかもどの顔も至福そのもの。いったいどれだけおいのしいのかと、待ちわびる方は喉が鳴ります。そして待つこと1時間、ようやく店の前にたどりつきました。すると中から出てきたお客がこう言うのです。「中は空いているよ」。なるほど! 列は、持ち帰りの客用のものだったのです。中に入ると、すんなり座れて、さっそく注文します。バイン・ミーで有名な店なのですが、サラダや麺類もありました。

そのおいしさに、満足でした!

ショーケースの向こう側でバイン・ミーを作り続けるスタッフ ショーケースの向こう側でバイン・ミーを作り続けるスタッフ

そしてようやく、僕たちの席にも運ばれてきましたバイン・ミー。パテを塗り、野菜を入れ、分厚い焼豚が何枚も挟んであります。一気にパクリ。ジュワーと肉汁や、ソースが、弾力のある香ばしいフランスパンと絶妙に絡まります。パンはまだ温かく、焼きたてです。焼きたてのフランスパンサンドイッチなど食べたのは、生まれて初めてでした。ヌクマムの味がするソースは濃い目。ビールのお供にちょうどいい味です。それはもう、完璧なおいしさでした。並んで待ったかいがありました。話のタネとしても食べられてよかったです。妻など食べ切れない分量で、それで2万ドン(約100円)は良心的な価格です。パンも大きめでした。市内には屋台でも3万ドンとふっかけてくるところもありますが、交渉すれば2万ドンでOKです。ハムを挟んだ小ぶりのバイン・ミーがおいしい店は1万5千ドン。クアダイ通りの東ルタム通りの角に屋台が出ます。ここは地元の人で人気です。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/06/03)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索