page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

フエ旅行・フエ観光徹底ガイド

フエ旅行・観光の見どころ・観光情報

ベトナム中部に位置するフエは、19世紀初頭から約150年間の間ベトナム最後の王朝が置かれていた古都。今でも王宮や皇帝廟、寺院などの遺跡が多く残っており、世界中から観光客が訪れている。これらの建物は「フエの建造物群」として、1993年にベトナムで初めて世界遺産に登録された。市内を流れるフォーン川沿いに王宮をはじめとした歴史的建造物が点在し、それらをボートに乗って回るツアーが人気。また宮廷料理を再現したフルコース料理や、宮廷音楽を聴きながら楽しむ食事はフエならでは。(2016年9月編集部調べ)

フエへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/12現在) フライト時間 現地との時差
ベトナム語 VND 1 VND = 0.00456 約7.5時間 約-2時間

フエの人気問合せ情報

フエの最安値カレンダー

フエ旅行・観光の選び方

単独滞在でゆっくりと古都を味わうのもよし、タウンと組み合わせた周遊型ツアーも人気

フエ1都市滞在のものから、ホーチミンやハノイと組み合わせた数都市周遊型まで、ツアーの種類も豊富に揃っている。ツアー期間は4日間程度から1週間以上のものまでさまざま。予算や時間に合わせて選ぶといいだろう。フエには見どころも多いので観光付きのツアーが便利だが、現地発のオプショナルツアーもたくさんあるので、フリープランを利用しての旅行もいい。お土産は、旧市街の端にあるドンパ市場で探してみよう。ビーチリゾートがあるダナンもそう遠くないので、そちらに宿泊してフエに足を延ばすこともできる。(2016年9月編集部調べ)


フエのグルメ・伝統料理

フエで食事をするなら必ず一度は試してみたいのが「フエ王宮料理」。かつてのグエン王朝時代の書物の記録から再現された料理が、懐石料理のように次々とテーブルに並ぶ。どの料理にも鳳凰や龍を模して繊細に細工された野菜などが美しく盛りつけらており、グルメの舌だけでなく目も楽しませてくれる。ベトナム中部の料理はベトナムの中でも珍しい辛い味付けの料理が多い。なかでもブンボー・フエは料理名にフエの名が冠されている郷土料理。ライスヌードルを使ったフォーのような麺に、スライスの生唐辛子を入れる。辛いが、暑い中で食べると美味しく、食が進む。(2015年編集部調べ)

フエのショッピング情報

国内屈指の観光地ではあるが、のんびりとした田舎町なので、ホーチミンやハノイにあるような大型ショッピンセンターやデパートはない。基本的に買い物は、お土産屋や市場、スーパーなどですることになる。観光地だけあり土産物店の数は充実しており、最近ではセンスのよいデザインのものを増えている。シルク製品やベトナム中で人々が被っている「すげ笠」は中部地方の名産品。せっかくなら本場で手に入れてみるのもいい。「すげ笠」は本来は実用品だが、風景や地名など絵が描かれた壁掛けもあるので、旅の記念におすすめ。(2015年編集部調べ)

フエの気温・降水量ベストシーズン情報

3〜9月の乾季は非常に暑く、湿気も高い天気。10〜2月の雨季は涼しくなるが、今度は一日中雨が降ることも。ベストはその変わり目の3月と9月の前後。服装は同時期の東京よりもやや薄着程度。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!フエの観光最新情報

  • フエのオススメツアー

    フエ旅行・フエ観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook