ベトナム版お好み焼き「バインセオ」が日本人に人気がある訳

日本人に一番、知られているベトナム料理と言えば、生春巻き、フォーと呼ばれる米粉、フランスパンのサンドイッチなどなどでしょう。しかし忘れてはいけないのは、バインセオ! バインセオは米粉で作ったお焼きで、よく「ベトナム版お好み焼き」と紹介されます。そんなバインセオは、ベトナム南部を特集したテレビの旅番組では、おなじみの料理です。だから、食べたことがある日本人も多いはずです。

小さいので、軽く2、3個食べられますよ! 小さいので、軽く2、3個食べられますよ!

バインセオって、どんな料理?

ベトナム南部の大都市、ホーチミンでは、店の入り口にフライパンをのせた七輪が並んでいたら、そこはバインセオの専門店です。バインセオの生地は米粉をココナッツジュースで溶いて作ります。そこにターメリックを少々。これでおいしそうな黄色に焼きあがります。具は豚肉、エビ、玉ねぎなど。生地が半焼けの時に、もやしをたっぷりのせます。生地がパリッと焼きあがったら、もやしごと生地を半分に折ったらできあがり! 食べ方は、お箸で一口大をとって、レタスなど葉野菜に包みます。あとはヌックマムというベトナムのナンプラーで作った甘酢につけて、さあ、いただきます!

バインセオの好みの分かれ目は食感

バインセオは、これで充分おいしいです。でも、巨大なだけあって、全体の生地がサクサク、パリッと焼きあがっている訳じゃありません。どうしても一部、しっとりしている部分があります。「サクサクとしっとりの両方を楽しめるのが、いいんじゃない?」という声があるかもしれません。まあ、そこは人それぞれ。私が求めているのは、サクサクやカリカリなんです。私と好みが同じ人におすすめしたいのが「バインコアイ」です。

原料は同じでも全く別物の「バインコアイ」

バインコアイは、3分の1ぐらいの大きさのバインセオです。小さくて厚みがあり、全体にパリッとカリカリに焼きあがってます。ベトナム中部の古都、フエの名物で、具は、豚肉、エビ、青いパパイヤです。一口大に分けて、レタスで包んで食べるのは、バインセオと同じですが、タレが違います。ホーチミンより辛い味付けを好むフエらしく、ヌックレオと言う味噌ダレにつけて食べます。やさしい味付けのバインセオと違い、味噌だとパンチがきいた味になります。ベトナムに行ったら、バインセオとバインコアイを食べ比べてみませんか!