日本の雑誌やテレビで紹介されないベトナム料理

私がベトナム旅行中に、はまったベトナム料理は、料理とは言えないぐらいシンプルです。見た目がちょっと、いや、かなり変わっているかもしれません。ハノイやフエでは、ごく普通に地元の人が食べていたごはんです。それなのに、日本のテレビの旅番組などで、取り上げられたことは、たぶんないです。ガイドブックにも載っていません。そんなにマイナーな料理を食べたつもりはないんですけど。でも、本当においしかったのです。テレビでベトナム料理を見たりすると、無性に恋しくなります。

日本でもマネできそうだけど、おこわの味が絶妙で、マネは難しい。 日本でもマネできそうだけど、おこわの味が絶妙で、マネは難しい。

なかなか考え付かない組み合わせに驚いた! フエのごはん!

私が、はまったベトナム料理はふたつあります。どちらもおこわです。ベトナムの古都、フエで食べたのは「ソイパテジオ」です。料理の名前に「ソイ」がついているのは、もち米を炊いたおこわです。ソイパテジオは、分厚く切った豚のハムをのっけたごはんです。ソーセージタイプのハムの厚さは、かるく1センチ以上はあります。おこわは、動物性のスープで炊いているのか、薄く味がついています。お茶椀によそったおこわに分厚いハムを4、5枚のっけ、しょうゆをかけて食べます。熱々のおこわとハムって、妙にあうのです。

日本にもある食材だから、食べ方が新鮮!

もうひとつのおこわは、ベトナム北部のハノイで食べた「ソイチャークア」です。これは、熱々のおこわの上に、さつま揚げをのっけたごはんです。ソイパテジオと同じく、おこわには、ちょうど良い味がついています。さつま揚げとおこわも相性ばっちりです。熱々のさつま揚げがおいしいのは、当たり前ですが、こんなにおこわと相性がいいなんて、知らなかった。これも、おしょうゆをかけて食べます。どうして、このありそうでない組み合わせに気づいたんだろう。

見た目のインパクトがすごいベトナムごはん

フエのソイパテジオもハノイのソイチャークアも、市場や市場の近くの食堂で食べました。ベトナムのおこわは、食感は軽いのにモチモチ感は日本のものより上です。ハムやさつま揚げをのっけただけのごはんは、よく言えばシンプル、悪く言えば、少し寂しい感じです。でも、一口食べると、寂しい感じなんて吹き飛び、こんなに美味しいごはんがあったのかに変わります。ああ、懐かしいベトナムのさつまあげとハムごはん。テレビでも雑誌でも、見かけることはありませんが、私のベトナムいちおしごはんと言えば、これです。