フエショッピング・お土産ガイド

フエショッピング・お土産ガイド

フエのショッピング情報

国内屈指の観光地ではあるが、のんびりとした田舎町なので、ホーチミンやハノイにあるような大型ショッピンセンターやデパートはない。基本的に買い物は、お土産屋や市場、スーパーなどですることになる。観光地だけあり土産物店の数は充実しており、最近ではセンスのよいデザインのものを増えている。シルク製品やベトナム中で人々が被っている「すげ笠」は中部地方の名産品。せっかくなら本場で手に入れてみるのもいい。「すげ笠」は本来は実用品だが、風景や地名など絵が描かれた壁掛けもあるので、旅の記念におすすめ。(2015年編集部調べ)


フエの特産品・ブランド

有名ブランド店はないが、市場や土産物店ではベトナムらしい手工芸品や日用品が購入できる。フエがあるベトナム中部の辺りはすげ笠の名産地。土産物店には大小様々なサイズ、景色や地名など手描きで彩色を施したものが売っている。またシルク製品も名産とあって、バッグやオーダーメイドできる服やサンダルなどが、手頃な値段で購入できる。高級店やスーパーを除き、商店や市場では定価はなく価格は交渉制、提示された値段から値引きも可能なことが多い。観光客が値切っても嫌な顔をされることはないので、遠慮せずに「2個買うから」など具体的な値引きを試してみよう。

フエの市場・免税店・お買い物スポット

フエの町で店が集まっているのは、フエ王宮とフーン川を挟んだ対岸、レロイ通りやフングーン通りの辺り。人気の観光地だけに店の数は多い。交渉制の店も多く、地元の人達も市場では値引きしてもらうのがふつうだ。ハンドメイドのものなどはデザインが微妙に違うこともあるので、何軒か見て価格やデザインを比べてから購入するといい。店は朝から晩まで営業している。ブティックでは、自分のサイズに合わせてお直しに対応してくれる店も多く、もし気に入った服やサンダルでサイズが合うものがなかったら相談してみよう。


フエ旅行で知っておきたいクレジットカード情報 (更新日:2015/04/22)


■カードひとくちメモ

ホーチミン市中心部(1区、3区、7区など)では、カード(Visaなどの大手国際ブランドのクレジット、デビット、トラベルプリペイド)が使える店が増加中。旅行者向けのショップやレストランではほとんどカード決済ができます。多額の現金を持ち歩くのは危険なので、支払いはできるだけカードで済ますのがおススメ。

国際空港から市内への交通機関で一般的なのはタクシー。空港に乗り入れているのは、ヴィナサンとマイリンの二社。このうち、ヴィナサンはカードが使用できます。

一部市場や小さな雑貨店は現金決済。現金が必要な場合、積極的にATMを活用しましょう。両替所に並んだり、パスポートを提示したりする必要がなく、24時間対応なので、手間と時間の節約にもなり便利です。Visaなどの国際ブランドのマークが入っている現地ATMであれば、カードを使ってベトナムドンが引き出せます。

ATMはホーチミン市内中心部に10カ所ほどあり、グエンフエ通りに面して立つサンワタワー1階にATMが2台あり、シティバンクのATMは日本語に対応しています。

ATMから現金を引き出す際にはPIN(暗証番号)が必要です。忘れてしまった場合は出発前にカード発行会社に問い合わせを(確認には10日程度かかります)。また、クレジットカードの場合、海外キャッシングの可否とカード利用限度額をあわせて確認しておきましょう。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フエショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるフエの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
フエのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!