ライチャウ旅行・ライチャウ観光徹底ガイド

ライチャウ旅行・ライチャウ観光徹底ガイド

ライチャウ旅行・観光の見どころ・観光情報

ベトナムの首都ハノイの北西450kmほどに位置するライチャウは、ライチャウ省の省都。周辺には標高1500mを越す高原が広がり、ザオ族、ターイ族、モン族、キン族、ザイ族などの少数民族が暮らしている。ライチャウの町には市場、食堂、商店などがあるが、全国の省の中で人口が最も少ないこともあり、インフラはまだまだ未開発なところも多い。ここでは高原の美しい風景や、華やかな民族衣装を身につけた少数民族が集まるサパやシンホーの定期市巡りが観光のハイライトとなる。(2016年9月編集部調べ)

ライチャウへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/05/30現在) フライト時間 現地との時差
ベトナム語 VND 1 VND = 0.0049 JPY 約5時間 約-2時間

ライチャウの人気問合せ情報

ライチャウの最安値カレンダー

ライチャウ旅行・観光の選び方

少数民族の集まる定期市や、高原の美しい村を巡るハノイを起点にした1週間前後のツアーがメイン

ライチャウを含むツアーはあまり多くないが、ハノイを起点に列車移動でサパ、バックハーなどの少数民族を訪ねるツアーや、同じくハノイから飛行機でディエンビエンフー経由で周遊するコースなどが一般的。ツアー期間は6〜11日間程度と、巡る町の数によって異なる。お土産は少数民族の作る織物や美しい刺繍の施された民芸品がおすすめだ。滞在中はスパイシーな味付けの燻製肉や、紫色のおこわ、トウモロコシから作られたお酒など、この地域ならではの料理をぜひ味わいたい。(2016年9月編集部調べ)


ライチャウのグルメ・伝統料理

ライチャウでは、周辺の山間で採れる山菜や野菜を使った素朴で美味しい田舎料理が味わえる。「カウカム」という葉の紫の汁で色づけしたおこわや、もち米を使った「ルーネップ」と呼ばれるライスワインなど米どころならではのグルメも多い。食事やお酒のつまみにぴったりなのが燻製肉。高地で暮らす人々の伝統料理だ。燻製肉の美味しい季節は冬、シーズンに行くならぜひ味わいたい逸品だ。また、お茶の産地としても有名だ。 (2015年編集部調べ)

ライチャウのショッピング情報

ライチャウ市内には、これと言ってショッピングにいい場所はないが、商店では日用品やお菓子、酒、ミネラルウォーターなどが買える。市場には屋台や少数民族の衣装なども並んでいる。ライチャウに来たら、ぜひシンホーの日曜市に出掛けて欲しい。白モン族や赤モン族、花モン族、ルー族、ヤオカウ族など華やかな民族衣装に身を包み、市はカラフルな色で溢れる。ローカルフードや名物フォー食べたり、お土産探しにもぴったりだ。 (2015年編集部調べ)

ライチャウの気温・降水量ベストシーズン情報

乾季は1〜6月。山間なので天気が変わりやすい。年間の平均気温は21〜23℃で、4〜6月は日本の夏の服装に薄手の長袖があるといい。12〜2月は朝晩10℃以下に冷え込む日もあるのでセーターや上着が必要。 (2015年編集部調べ)

ライチャウの人気ツアー

ライチャウ旅行・ライチャウ観光徹底ガイド

2件ヒットしました (1旅行会社 17.12万円)
  • 1|
人気度

合算燃
目安
17.12
 

旅行代金: 16.76

燃油目安燃: 0.36

6日間

成田発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
ベトナム航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: フェニックスツアー

人気度

合算燃
目安
17.12
 

旅行代金: 16.76

燃油目安燃: 0.36

6日間

関空発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
ベトナム航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: フェニックスツアー

2件ヒットしました (1旅行会社 17.12万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top