ムオンライ旅行・ムオンライ観光徹底ガイド

ムオンライ旅行・ムオンライ観光徹底ガイド


ムオンライ旅行・観光の見どころ・観光情報

ラオスとの国境に近いディエンビエン省にあるムオンライは、首都ハノイからおよそ500kmほど離れた山岳地帯の小さな町だ。周辺には少数民族が暮らしており、美しい山々や棚田などこの地域特有の自然景観を楽しみながら、その伝統的な暮らしや文化に触れることができる。ディエンビエンフーからムオンライへの道中にはコム族、モン族などの村があり、ライチャウへの道中には赤モン族、白モン族などが暮らしている。夏季には避暑地としても人気の観光地だ。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


ムオンライの旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
ベトナム語 VND 約5時間 約-2時間

ムオンライ旅行・観光の選び方

ベトナム北部の少数民族の暮らしと美しい風景を訪ねる旅。ハノイと組み合わせた周遊型がおすすめ

ムオンライへ行くツアーは、ハノイを玄関口に北西部のディエンビエンフーまで空路で移動し、車で少数民族の暮らす周辺のサパ、ラウチャイ、ラオカイなどを巡る周遊型のものが中心となる。ツアー期間は6〜11日間と幅があるが、訪れる町の数が違うので時間と予算に合わせて選ぼう。大都市と違って立派なレストランはないが、少数民族の料理や市場の屋台で地元の料理を味わうのもいい。少数民族の華やかな色合いの装身具や、刺繍が美しい小物などはお土産としても人気だ。(2016年9月編集部調べ)


ムオンライ観光のこだわりポイント

少数民族の村を訪ねる終日観光付き
ベトナム北西部の山地帯は、道路事情も良いとは言えないので、車で少数民族の村を訪ねるのがいちばんスムーズだ。
少数民族の文化を学ぶ添乗員付き
少数民族はそれぞれ特徴のある民族衣装を着ており、異なる文化を持っている。添乗員の解説を聞きながら理解を深めよう。
寝台列車で移動鉄道の旅
ハノイから北部のゲートウェイの町ラオカイまで寝台列車で移動できる。ハノイ〜ディエンビェンフーは飛行機で移動して、周遊も可能だ。
時間を有効に使える全食事付き
ベトナム北部の少数民族の村々では、食事する場所を探すのもひと苦労。ツアーに組まれていると便利だ。
列車や国内線でも安心全送迎付
全送迎付きのツアーなら、空港からホテル、観光まですべておまかせ。言葉に不安があってもスムーズに移動できる。

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ムオンライ旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、ムオンライ観光情報が満載。
ムオンライ旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。