サパショッピング・お土産ガイド

サパショッピング・お土産ガイド

サパのショッピング情報

サパは標高約1600mの山岳地帯にある町。周辺には15あまりの少数民族が住むいわばベトナムの秘境だ。ここでは少数民族によるハンドメイドの繊細な刺繍が施された素晴らしい工芸品、アクセサリーなどが人気のお土産になっている。特に「花モン族」によるピンクやオレンジ、グリーンを基調とした色鮮やかな刺繍製品のバッグやアクセサリーは、ホーチミンやハノイの高級セレクトショップでも扱われている。もちろんサパで買う方が種類も豊富で値段も安いのでおすすめ。(2015年編集部調べ)


サパの特産品・ブランド

有名ブランド店などはないが、周辺の少数民族の手による繊細な刺繍の施された布製品や、アクセサリーなどがお土産に人気。市場や土産物店で購入できる。どれも色やデザインがひとつひとつ違うので、何軒か見比べて選ぶといい。ベトナムでは商店や市場では定価はなく価格は交渉制、提示された値段から値引きも可能なことが多い。観光客が値切っても嫌な顔をされることはないので、遠慮せずに「まとめ買いするから」など、値切りにチャレンジしてみよう。

サパの市場・免税店・お買い物スポット

サパの町なかには多くの土産物店があり、手工芸品などの買い物には困らない。町中を歩いていると、お土産物売りの子ども達に囲まれることもしばしば。しかしお店で落ち着いて選びたければ、はっきりと断ればよい。また、日曜日にサパの東約100kmにあるバックハーで行われるサンデーマーケットは、周辺の少数民族たちが作る製品が集まり品数も豊富だ。特に色鮮やかな刺繍が美しい「花モン族」のバッグなどが人気。その他にも食材や日用品まで様々な商品が並び、掘り出し物が見つかるかもしれない。距離はあるが、最初からバックハー日帰りマーケット見学が含まれているツアーもある。


サパ旅行で知っておきたいクレジットカード情報 (更新日:2015/04/22)


■カードひとくちメモ

ホーチミン市中心部(1区、3区、7区など)では、カード(Visaなどの大手国際ブランドのクレジット、デビット、トラベルプリペイド)が使える店が増加中。旅行者向けのショップやレストランではほとんどカード決済ができます。多額の現金を持ち歩くのは危険なので、支払いはできるだけカードで済ますのがおススメ。

国際空港から市内への交通機関で一般的なのはタクシー。空港に乗り入れているのは、ヴィナサンとマイリンの二社。このうち、ヴィナサンはカードが使用できます。

一部市場や小さな雑貨店は現金決済。現金が必要な場合、積極的にATMを活用しましょう。両替所に並んだり、パスポートを提示したりする必要がなく、24時間対応なので、手間と時間の節約にもなり便利です。Visaなどの国際ブランドのマークが入っている現地ATMであれば、カードを使ってベトナムドンが引き出せます。

ATMはホーチミン市内中心部に10カ所ほどあり、グエンフエ通りに面して立つサンワタワー1階にATMが2台あり、シティバンクのATMは日本語に対応しています。

ATMから現金を引き出す際にはPIN(暗証番号)が必要です。忘れてしまった場合は出発前にカード発行会社に問い合わせを(確認には10日程度かかります)。また、クレジットカードの場合、海外キャッシングの可否とカード利用限度額をあわせて確認しておきましょう。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


サパショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるサパの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
サパのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!