アンティグア・バーブーダ旅行・アンティグア・バーブーダ観光徹底ガイド

アンティグア・バーブーダ旅行・アンティグア・バーブーダ観光徹底ガイド


アンティグア・バーブーダ旅行・観光の見どころ・観光情報

カリブ海の東側に位置する小アンティル諸島の中にあるミニ国家、アンティグア・バーブーダは、その名の通りアンティグア島とバーブーダ島の2つの島からなる。観光の中心は、首都セント・ジョンズがあるアンティグア島。カリブ海の中ではポピュラーなリゾートアイランドで、カリブ海クルーズがよく寄港する場所だ。セント・ジョンズには、18世紀の造船所跡のネルソンズ・ドッグヤードや、要塞跡のシャーリー・ハイツなどの観光名所がある。また、ロックファンには、エリック・クラプトンの別荘や、彼が設立したリハビリセンターがあることでも有名。オールインクルーシブ型のリゾートでのんびり過ごすのが、おすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


アンティグア・バーブーダ旅行・観光の選び方

数は少ないが、日本発のツアーもある。クルーズかオールインクルーシブのリゾート滞在型のどちらかを選ぶ

アンティグア・バーブーダへ行くツアーは、2パターン。クルーズ船で寄港するか、アンティグア島のオールインクルーシブ型リゾートに宿泊するパターンだ。滞在型の場合、現地で自由行動かオプショナルツアーを選ぶ。ツアー期間は、行き帰りにプエルト・リコのサンファンに宿泊する7日間のものから。もしくはドミニカ国、セント・キッツ(クリストファー)&ネイビスにも寄る周遊パターンもあり、それは10日間から。島では基本的にはビーチで過ごすので、オールインクルーシブのリゾート滞在が主。食事もリゾート内で取ることが多い。リゾートでは、カリブ料理のビュッフェを楽しもう。(2016年9月編集部調べ)


アンティグア・バーブーダ観光のこだわりポイント

手つかずの自然が残るバーブーダ島大自然
アンティグア島ばかり目が行きがちだが、開発の手があまり入っていないもうひとつの島バーブーダは、その海の美しさに定評がある。
何もないが、それがいいハネムーン
欧米人旅行者の多くは、最低でも一週間は島に滞在している。リゾートホテルでのんびり過ごし、カリブの海を2人で堪能しよう。
何も考えずに現地まで行ける全送迎付
空港での出迎えやホテルの送迎付きならば、細かい心配もいらない。とりあえず、現地まで行ってしまうことができる。
アメリカ系の航空会社を利用マイルが貯まる
アメリカ本土経由のフライトで行くので、飛行機はマイルがつくアメリカ系航空会社を利用することが多い。

アンティグア・バーブーダ人気の旅行


最安料金万円

合算 目安 46.10万円49.30万円
旅行代金: 46.1049.30万円
燃油目安: 0.00万円
10日間
東京発

アンティグア・バーブーダ ツアー

カリブ海の小さな島々に行こう!!☆アイランド・ホッピングの旅☆一度に三ヶ国を訪問!!〜セントクリストファー・アンティグア・ドミニカ国〜

ホテル:サンファン・ビーチホテル(サンファン)、…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

●自然豊かな島々に滞在●訪問国の数をふやしたい方にピッタリ●カリブ海の島々をアイランドホッピング!!

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 32.90万円38.10万円
旅行代金: 32.9038.10万円
燃油目安: 0.00万円
7日間
東京発

アンティグア・バーブーダ ツアー

カリブ海の小さな島でのんびりしよう!!☆アンティグア&バブータ編・お得なオールインクルージブプラン

ホテル:サンファン・ビーチホテル(サンファン)、…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

●オールインクルージブ(食事・飲物・エンジンなしのウォータースポーツ込み)で優雅な滞在を!●佐渡島の半分ほどの小さな島に滞在●豊かな森を青い海に囲まれてのんびり。

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


アンティグア・バーブーダ旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、アンティグア・バーブーダ観光情報が満載。
アンティグア・バーブーダ旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。