page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
シンガポール・セントーサ島(シンガポール)・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

今ならオープニング特別価格で泊まれる!究極のラグジュリーホテルがオープン!


最高級ホテルブランド

バリ島?プーケット?いえいえ、ここはシンガポール。市街中心地からたった15分程でたどりつくラグジュリーなリゾート、カペラ・シンガポール バリ島?プーケット?いえいえ、ここはシンガポール。市街中心地からたった15分程でたどりつくラグジュリーなリゾート、カペラ・シンガポール

開業前から何かと話題になっていたラグジュリーホテル、カペラ・シンガポールが2009年3月末にオープンしました。カペラホテルズ&リゾーツというと、元リッツカールトン社長で、著名なホテリエであるホルスト・シュルツ氏が創業した、究極のラグジュリーホテルとして躍進中のブランドです。
以前にそのカペラリゾーツの幹部と話をする機会があり“最高の隠れ家リゾートホテルとして名高い某ブランドを超えるホテルづくりとサービスを提供するのが理念”と伺って、アジア初となるシンガポールのカペラがどんなホテルになるのか、興味津々でした。

セントーサ島の森林に広がる30エーカーの敷地

新旧の建物が交差する。独立したヴィラ棟もあり、広い敷地内でプライベート感覚溢れる滞在ができる 新旧の建物が交差する。独立したヴィラ棟もあり、広い敷地内でプライベート感覚溢れる滞在ができる

セントーサ島は、シンガポール中心部からたった15分程度で行かれる、橋の向こうのレジャーアイランド。むせかえるような熱帯の緑に覆われた小さな島ですが、最近は超高級住宅エリアを中心に目覚しく開発がすすみ、ビーチエリアではアミューズメント施設が続々オープン、更にはユニバーサルスタジオを含むカジノ付総合リゾートが建設中と、何かと話題のたえない賑やかなエリアとなっています。橋をわたって島に入り間もなく、うっかりすると見逃してしまいそうな小さなカペラホテルのサインに沿ってドライブウェイを上ると、エントランスの向こうに拡がるリゾートに期待が膨らみます。

リュクスな部屋から臨む、ダイナミックな海の眺望

ゲストルームからの眺望は圧巻。南シナ海に浮かぶ貨物船の汽笛の音もまた情緒をそそる。バスタブからも、外の眺望が臨める ゲストルームからの眺望は圧巻。南シナ海に浮かぶ貨物船の汽笛の音もまた情緒をそそる。バスタブからも、外の眺望が臨める

エントランスホールは、かつて英国軍用レクリエーションセンターとして使われた19世紀後半の白亜のコロニアル建築を修復したものです。その先に新築のホテル棟が繋がります。設計は建築界の大御所、ロンドンのフォスターアンドパートナーズが担当とあって、建設中から関係者の間では評判になっていました。高級ホテルの客室に足を踏み入れるのは、期待感にひときわ気持ちが高揚する瞬間! 全111室のゲストルームのインテリアデザインは、モダンでアジアンテイストを取り入れたセンス抜群のデザインで引っ張りだこのジャヤ・イブラヒム。洗練され、落ち着きのあるデザインはさすがです。そしてなにより、大きな窓の外に広がる南シナ海の眺望に歓声があがります。

気分はすっかりリゾートバケーション

まったりとした空気が流れるバーラウンジ。大きなソファに寝そべって日中の海を眺めるもよし、 夜はキャンドルライトで親密なひとときを過ごすのもよし まったりとした空気が流れるバーラウンジ。大きなソファに寝そべって日中の海を眺めるもよし、 夜はキャンドルライトで親密なひとときを過ごすのもよし

実は、シンガポールは海に囲まれた島でありながら、目の前に広がる海の眺望を楽しめる空間というのはとても限られています。世界有数のコンテナ港シンガポールらしく、無数に大型の貨物船が停泊している景色を眺めるだけで気持ちが癒されていくようです。緑豊かな敷地内には、ホテル棟以外にも、38棟のプライベートヴィラや長期滞在者向けのヴィラもあります。トロピカルリゾートには必須のプールは4つあり、大人専用のプール、子供もOKのプールに分かれているので、気兼ねなくリゾート滞在を満喫できるのがうれしいです。
オープンしたての今だからこそ、お手軽な値段で泊まれる絶好のチャンス!

【関連情報】

インフィニティエッジのプールからは、水の先に繋がる緑に体が溶けていくよう インフィニティエッジのプールからは、水の先に繋がる緑に体が溶けていくよう

■カペラ・シンガポール Capella Singapore
住所:1 The Knolls Sentosa Island, Singaore 098297
電話:+65 6377 8888
URL:www.capellasingapore.com
現在、お得なオープニング価格はデラックスルームS$550から、となっていますが、日によってはそれより安い値段で泊まれることもあるので、電話で確認してください。
レストランは2つ、コンチネンタルのThe Knollレストランでは、シンガポールの名物料理があれこれ試せるコースもあり、旅行者にはおすすめ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/05/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索