高級スパ、街スパ、どちらも捨てがたいけれど

海外旅行の大きな目的の一つとして、「日本では行かないような高級スパに行って癒されたい!」という女性は多いことでしょう。手軽な街スパもいいですが、たまにはうんと奮発して非日常的な時間を過ごすのも楽しいものです。私も海外スパが大好きです。今回は、高級スパ天国のシンガポールで一番ホットなスパをご紹介します。

シンガポール初!本格的ハマムを備えたスパ「ESPA at RWS」へ行ってみました(その1) シンガポール初!本格的ハマムを備えたスパ「ESPA at RWS」へ行ってみました(その1)

憧れのセントーサ島、しかしこんなに混んでるの?!

セントーサ島にある「リゾート・ワールド・セントーサ」は、複合型リゾート施設です。4つのホテルやカジノ、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールなどを備えた広大な敷地内に、2012年、イギリスの最高級スパチェーン「ESPA」の「ESPA at Resort World Sentosa」がオープンしました。シンガポールはリピートしていてもセントーサ島に行くこと自体が初めての私は、どんな島なのかとワクワクしながら、セントーサエクスプレスというモノレールに乗りました。……といっても、そのモノレールに乗るまでが一苦労。とにかく猛烈な人込みなのです!日本人もちらほらいますが、圧倒的に多いのは中国人の観光客。切符を買うにもモノレールに乗るにも大行列でした。セントーサ島行きは、くれぐれも時間に余裕を持っていきましょう。なお、セントーサ島へのアクセスはバス、タクシー、ケーブルカーなど、他の交通手段もあります。

目当てのスパまでは遠い道のりを覚悟しましょう

観光客でもみくちゃにされながら、ヨロヨロとセントーサ島初上陸。第一印象は、「一人で来るところじゃないな……。」まさしくレジャーのために開発された、とことん人工的な観光地という印象でした。島の外れまで行けば自然も残っているのでしょうが、モノレールが着いたウオーターフロント駅周辺は、家族や恋人、友達同士でないと、まったく気分が盛り上がらない雰囲気で、一人旅には居場所がありません。でも私にはステキなスパが待っている! 自分に言い聞かせ、ホテル間を結ぶ無料のシャトルバスに乗り換えて雨の中を急ぎました。(2に続く)