page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィリピン・ボラカイ島(フィリピン)・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

神秘なる白浜ビーチは至福の癒し。ボラカイ島 ディスカバリーショアーズへの誘い。


掲載日:2009/07/28 テーマ:憧れホテル 行き先: フィリピン / ボラカイ島(フィリピン)

タグ: リゾート 憧れ


世界屈指の隠れ家ビーチは眩しい白浜が自慢!

うっとりするほどのホワイトビーチ。サラサラの砂は裸足で歩くと気持ちいい!透き通る海を毎日眺めては日常逃避… うっとりするほどのホワイトビーチ。サラサラの砂は裸足で歩くと気持ちいい!透き通る海を毎日眺めては日常逃避…

マニラから南へ約200km、フィリピンの中部に浮かぶ離島のボラカイ島。島の長さは約7kmという小さい島です。7000島を超える島々で形成されるフィリピンのなかでも、ホワイトビーチの美しさで世界に名を馳せるボラカイ島。今から20年前のBMWによる投票で「世界最高のビーチ」 となり、その後旅行誌などで取り上げられる憧れのビーチ。眩しいばかりの白浜が4kmにも渡って続くのはまさに圧巻です。フィリピンのリゾートはセブが有名ですけど、在住者は“ボラカイ”をまず制する人が多く、ツウな旅先になっています。

有名デザイナーが設計を手がけた注目ホテル

敷地内の滝を囲むように建つデザイナーズホテル。滝の流れる音も涼しくていい。 敷地内の滝を囲むように建つデザイナーズホテル。滝の流れる音も涼しくていい。

最近ブラッド・ピット一家も訪れたというシャングリラ・ボラカイなど最高級ホテルもどんどん誕生していますが、知る人ぞ知る“憧れホテル”といえば、ディスカバリーショアーズ。フィリピンの人気建築家がデザインを手掛け、シンプルモダンなインテリアと白を基調にした効率的な部屋は、とくに女性に人気。Small Luxury Hotelsに登録されていて、サービスと質は保障付き 。到着後のサービス“無料”のフットマッサージには涙が出るほど感激、もう最高。ホワイトビーチのすぐ横だから、そのまま海へレッツゴー!

子どもにも嬉しいサービス満点のビーチでの時間

潮風も心地いいビーチはゴミ1つ落ちていません。あまりにもきれいな白砂ですが、持ちかえりは厳禁です。 潮風も心地いいビーチはゴミ1つ落ちていません。あまりにもきれいな白砂ですが、持ちかえりは厳禁です。

子連れはつい嫌煙されがちな、こんな素敵な空間で過ごすリゾートタイム。ところが、意外や意外。ホワイトビーチに繰り出しいそいそ子供と遊んでいたら“お砂遊びセット”が出てくるわ、汚れたビーチサンダルは洗ってくれるわ、無料ドリンクもささーと出てくるという至れりつくせりのサービス。スタッフの笑顔と対応で、「あら、ここは家族連れで来てもOKなのね」と感じさせてくれ、存分に気分もリラックスできます。サラサラの砂は造形にも向いていて、大人も砂遊びについ夢中になってしまいそう。

波の音を聞いてビーチで1杯飲みながら夕涼み

ライトアップされたビーチ沿いの席。ちょっと大人同士でのんびりしたい空間かも。 ライトアップされたビーチ沿いの席。ちょっと大人同士でのんびりしたい空間かも。

サンセットの時間になると、ビーチにはカップルもいっぱい。結婚式の写真撮影をしていたり、ビーチクッションで寝転んでいる人もいたり。シーフードも美味しいのでぜひおススメしたい。眺めのいい場所はすぐ人で埋まってしまうので予約は必須。ビーチ沿いだから、カジュアルな服装でOK。

【関連情報】

ボラカイ島へ行くには、空港から専用船に乗って向かいます。そんなところからも、とっておきリゾートへ向かう気分にさせてくれるのです。 ボラカイ島へ行くには、空港から専用船に乗って向かいます。そんなところからも、とっておきリゾートへ向かう気分にさせてくれるのです。

■ディスカバリーショアーズ
住所:Discovery Shores Boracay
 Station1, Balabag,Boracay Island
 5608 Malay, Aklan, Philippines
電話:+63‐36‐288‐4500 URL:www.discoveryshoresboracay.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/07/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索