ボラカイ島(フィリピン)ショッピング・お土産ガイド

ボラカイ島(フィリピン)ショッピング・お土産ガイド

ボラカイ島(フィリピン)のショッピング情報

ブランド店が入ったような大型ショッピングモールはなく、南の島ならではのカジュアルな気分でお買い物が楽しめる。人気のお買い物&グルメ・スポットはオープンエアのDモール。ローカル色が強いマーケット街のDタリパパではアジアらしい風情が味わえる。お土産品はココナッツソープやTシャツ、キーホルダーやアクセサリーなどの小物類など。空港内のショップで見かけるフィリピンの定番土産ドライマンゴーが無難かも。(2015年編集部調べ)


ボラカイ島(フィリピン)の特産品・ブランド

特にこれといった特産品はなく、ブランドショップも見当たらない。土産物店を覗くと、”BORACAY”の文字入りTシャツやパレオ、魚をモチーフにしたキーホルダーやボールペン、貝細工のアクセサリー、ココナッツソープなどの小物類が並んでいる。南の島らしいアイテムが中心。とはいえ、Dモールに軒を連ねるショップは比較的センスがよく、ハンディクラフトや水着、アジアンテイストの雑貨なども。

ボラカイ島(フィリピン)の市場・免税店・お買い物スポット

ボラカイ島でいちばんの賑わいを見せるのが、ホワイトビーチの中央、ステーション2と呼ばれるエリアにあるDモール。メインロードからビーチに向かって続く数筋の道が走るエリアに、小洒落たショップや土産物店、レストランなどがズラリと並ぶ。どこか縁日気分が楽しい。また、Dモールよりも東に位置するDタリパパは、狭い路地に土産物店がごちゃごちゃと連なるマーケット街。生鮮市場もあり、ローカルが多い。


ボラカイ島(フィリピン)旅行で知っておきたいクレジットカード情報 (更新日:2015/04/22)


■カードひとくちメモ

フィリピンではショッピングモールやデパート、カジノ、レストラン、ホテルなどではカード(Visaなどの大手国際ブランドのクレジット、デビット、トラベルプリペイド)が使え、もちろん少額から利用可能です。多額の現金を持ち歩くのは危険なので、支払いはできるだけカードで済ますのがおススメ。

空港から市内へは、鉄道はなく、バスやジプニーは旅行者にとってハードルが高いため、クーポンタクシー(空港タクシー)を利用するのが一般的。タクシーは現金決済になります。

現金が必要な場合は、積極的にATMを活用しましょう。両替所に並んだり、パスポートを提示したりする必要がなく、24時間対応なので、手間と時間の節約にもなり便利です。Visaなどの国際ブランドのマークが入っている現地ATMであれば、カードを使ってフィリピンペソが引き出せます。

ATMは国際空港ではターミナル1、2、3それぞれに設置されています。また、市内ではショッピングセンターやデパートなどにATMがあります。

ATMから現金を引き出す際にはPIN(暗証番号)が必要です。忘れてしまった場合は出発前にカード発行会社に問い合わせを(確認には10日程度かかります)。また、クレジットカードの場合、海外キャッシングの可否とカード利用限度額をあわせて確認しておきましょう。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ボラカイ島(フィリピン)ショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるボラカイ島(フィリピン)の特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
ボラカイ島(フィリピン)のショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!