パンコールラウ島(マレーシア)旅行・パンコールラウ島(マレーシア)観光徹底ガイド

パンコールラウ島(マレーシア)旅行・パンコールラウ島(マレーシア)観光徹底ガイド

パンコールラウ島(マレーシア)旅行・観光の見どころ・観光情報

日々の煩わしさを忘れ、豊かな自然に身を任せたい、そんな気持ちになったらパンコールラウ島へ。世界三大テノールの故パヴァロッティが「この世の天国だ」と感激のあまり涙を流した、世界屈指のリゾート「パンコール・ラウ・リゾート」に滞在してのんびり過ごそう。1島1リゾートで、1.2平方キロメートルのこぢんまりした島には野生のサルやオオトカゲが生息し、ヴィラの部屋からでも見ることができる。マレーシアでもおすすめの場所だ。食事は西洋料理が中心だが、マレー料理や中華料理などもあり、西洋人好みのリゾートをアジアで味わえる。(2016年9月編集部調べ)

パンコールラウ島(マレーシア)へ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/07/25現在) フライト時間 現地との時差
マレー語、中国語、タミル語、英語 MYR 1 MYR = 25.9694 JPY 約7.0時間 約-1時間

パンコールラウ島(マレーシア)の人気問合せ情報

パンコールラウ島(マレーシア)の最安値カレンダー

パンコールラウ島(マレーシア)旅行・観光の選び方

宿泊客だけが入れる島で過ごす、優雅な休日

パッケージツアーはツアー期間が5〜6日間。旅の起点になるのは、首都クアラルンプール。1泊ののち、車で5時間ほどかけてマレー半島西海岸に向かい、専用のフェリーで島に渡る。パンコール・ラウ・リゾートにはさまざまなタイプの部屋があり、熱帯雨林の景観を楽しむガーデン・ヴィラ、水上ヴィラなどを、好みに合わせて選ぶことができる。プライベート・リゾートだけに、館内に複数あるレストランの料理やバーの雰囲気は充実している。プールやスパを利用しながら、海を眺めてゆっくり過ごそう。アジア有数ともいわれるスパ・ヴィレッジは、特に評判がいい。(2016年9月編集部調べ)


パンコールラウ島(マレーシア)の気温・降水量ベストシーズン情報

熱帯性気候。乾季は11〜5月。気温は21〜32度と暖かく、日中の服装はカジュアルな夏服でOK。ただしディナーはレストランによってはドレスコードがあるのでご注意を。(2015年編集部調べ)

パンコールラウ島(マレーシア)のオススメツアー

パンコールラウ島(マレーシア)旅行・パンコールラウ島(マレーシア)観光徹底ガイド

3件ヒットしました (1旅行会社 11.88〜20.60万円)
  • 1|

合算燃 11.88
15.88

旅行代金: 11.88〜 15.88

燃油燃:旅行代金に含まれています

5日間

成田発

ホテル:
パンコール・ラウ・リゾート、アルファジェネシス・ホテル
航空会社:
マレーシア航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

合算燃 14.30
20.60

旅行代金: 14.30〜 20.60

燃油燃:旅行代金に含まれています

6日間

大阪発

ホテル:
パンコール・ラウ・リゾート、マジェスティック・ホテル・クアラルンプール
航空会社:
マレーシア航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

合算燃 12.88
16.98

旅行代金: 12.88〜 16.98

燃油燃:旅行代金に含まれています

6日間

成田発

ホテル:
パンコール・ラウ・リゾート、マジェスティック・ホテル・クアラルンプール
航空会社:
マレーシア航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

3件ヒットしました (1旅行会社 11.88〜20.60万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top