page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・レダン島(マレーシア)・リゾートの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

キレイな珊瑚、たくさんの魚に大興奮、マレーシア屈指のレダン島でシュノーケルを!


これぞまさに楽園!

マレーシア屈指のレダン島は、何と言っても透明感ある海が魅力。ダイビングをしない方でも存分に楽しめます マレーシア屈指のレダン島は、何と言っても透明感ある海が魅力。ダイビングをしない方でも存分に楽しめます

マレーシアで最もキレイな海と評されるレダン島は、誰もが息を飲むほどの真っ青で透明感のある海。まさに「楽園」という言葉がぴったりな島です。楽園と言うと、モルディブやタヒチを思い浮かべますが、それに勝るとも劣らない透明さ。「アジアにもこんなキレイなビーチがあるんだ〜」と感激するほどです。クアラルンプールからはベルジャヤエアのプロペラ機で約1時間とアクセスも便利。ぜひ、アジアが誇るレダン島で思いっきりリゾートライフを楽しんでみませんか?

心が癒される風景がそこにあります

キレイな海を眺めながらのビールは最高!普段飲んでいるのものと同じ銘柄なのに、どうしてこんなに美味しく感じるのでしょうか(笑) キレイな海を眺めながらのビールは最高!普段飲んでいるのものと同じ銘柄なのに、どうしてこんなに美味しく感じるのでしょうか(笑)

レダン島は観光名所というものはなく、旅行の目的はただキレイな海を眺めて、ホテルが主催をするマリンスポーツをすること。
お酒を飲みながら、ぼーっと海を眺めるのも良し、ホテル前のビーチで体を焼くのも良し、マッサージをするのも良し。時間を気にすることなく、キレイなビーチを眺めているだけで心が癒されます。何もしないでも有意義なバカンスを楽しめるレダン島ですが、オススメのアクティビティはマリンパークへのシュノーケル・トリップ。どのホテルからもボートで約10分の距離にあるこの島はレダン島屈指のシュノーケルポイントです。

これぞまさに天然の水族館

マリンパークは浅瀬のシュノーケルスポットなので、泳ぎが苦手な方、また小さなお子さんでも楽しめます マリンパークは浅瀬のシュノーケルスポットなので、泳ぎが苦手な方、また小さなお子さんでも楽しめます

マリンパークは国立公園に指定され、手付かずの自然が残る貴重な無人島です。「シュノーケルではそれほど魚も見ることができないのでは!?」と思っている方が多いと思いますが、このマリンパークでは驚きの連続! 生き生きとした珊瑚に群がるたくさんのカラフルな熱帯魚。海の透明度も高いので、浅瀬からでも十分すぎるほど海の世界を楽しむことができます。これぞまさに自然が作り出した神秘の世界! ずーっと海の中を覗いていたくなる程の美しさです。ただ、この感動は言葉や写真で伝えきれないのが残念。ぜひ実際に体験して見て下さい!

誰もが行って納得のレダン島

レダン島のホテル(ラグーナレダン)から見た朝焼け。真っ赤に照りつける太陽を見ると、さー今日も素敵な一日が待っているぞ!という気分になります レダン島のホテル(ラグーナレダン)から見た朝焼け。真っ赤に照りつける太陽を見ると、さー今日も素敵な一日が待っているぞ!という気分になります

マレーシアに駐在する日本人の間でも、「必ず一度は行っておくべきだよ!」と誰からもオススメされるレダン島。時間と共に変化する空の色、透明感ある海の青さ、また真っ赤な朝日の美しさも格別です。華やかさ、賑やかさはないものの、壮大な自然を存分に満喫でき、ゆったりと時間が流れるこの島はキレイな海を満喫したいっと思っている方に自信を持ってオススメすることができます。ぜひ、チェックして見て下さい。

【関連情報】

マリンパークは透明度が高い午前中にお出かけすることをオススメします マリンパークは透明度が高い午前中にお出かけすることをオススメします

レダン島にある多くのホテルで、マリンパークへのシュノーケル・トリップのアクティビティが用意されています。詳しくは、宿泊するホテルへご確認下さい。

■レダン島マリンパーク
入場料:5RM(※通常、ツアー申し込み時に支払います。)
持ち物:シュノーケルセット(ホテルにてレンタル可能)、日差しがとても強いので日焼け対策は忘れずに。
メモ:トイレ、売店あり。貴重品を預けるところはありません。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/06/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索