page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・動物の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

森林浴をしながら猿たちと遊ぶ――バリ島ウブドのモンキーフォレスト


掲載日:2007/07/06 テーマ:動物 行き先: インドネシア / バリ島(インドネシア)

タグ: かわいい 寺院 動物


バナナやピーナッツなどの餌を手渡しできる。母猿が怒るので小猿にはむやみに近づかないこと バナナやピーナッツなどの餌を手渡しできる。母猿が怒るので小猿にはむやみに近づかないこと

バリ島中部にある山あいの村ウブド。「芸術の村」と呼ばれるこの村は、海沿いの観光エリアとはまた違った趣がある。リピーターの多いバリの中でも特に人気の高いところだ。ここに「モンキーフォレスト」と呼ばれる森がある。その名の通り、猿がたくさん生息している森だ。ここの猿たちは野生ではあるけれど、お世話係がいて毎日ちゃんと餌をもらっている。そして森の中を自由気ままに動き回っているのだ。

確実に猿に会いたいなら午後4時〜5時頃が狙い目だ。いたずら者もいるので、帽子、アクセサリーなどははずし、バッグも閉めておこう 確実に猿に会いたいなら午後4時〜5時頃が狙い目だ。いたずら者もいるので、帽子、アクセサリーなどははずし、バッグも閉めておこう

この森に遊びに来た人間の肩に乗ったり、ピーナッツやバナナをねだったりする仕草がなんとも愛らしい。中には人間の帽子やサングラスなどを奪って逃げるいたずらものもいるけれど、あわてて追いかける人間とのバトルは見ている人たちの笑いを誘う。動物好きにはこたえられない場所だろう。ちいさなちいさな子猿が母猿に甘えている姿などは、時のたつのも忘れて見入ってしまうほどだ。

狭い脇道を入って行くと、森を流れる小川のほとりに降りることもできる。フィトンチッドを胸いっぱいに吸い込みながらの散歩は最高 狭い脇道を入って行くと、森を流れる小川のほとりに降りることもできる。フィトンチッドを胸いっぱいに吸い込みながらの散歩は最高

モンキーフォレストの魅力は猿だけではない。暑い日中の日盛りでもここだけは涼しく過ごすことができる。それもエアコンの人工的な涼しさではなく、まるで自然の木々たちに守られているようなやさしい涼しさには、思わずほっとしてしまう。日本の森ともまた少し違った熱帯の森。そのたくましい生命力がやすらぎを与えてくれるのだろうか。

プラ敷地内に入るには腰にサロンを巻かなくてはいけないが、プラの入り口でレンタル可能。料金はお布施程度 プラ敷地内に入るには腰にサロンを巻かなくてはいけないが、プラの入り口でレンタル可能。料金はお布施程度

気持ちよく森林浴をしながら歩いていると、古いたたずまいのプラ(ヒンドゥー寺院)が現れる。信心深いバリの人たちが敬虔な祈りを捧げる場所だ。この森はこのプラを守るためにある。つまり、鎮守の森なのだ。森の住人である猿たちは聖なる生き物として、村人たちに手厚く守られている。人々が猿を守り、猿が森を守り、森がプラを守る。そしてプラが人々を守っているのだ。自然に寄り添い、神々を崇めるバリの人たちの、素朴ながらも人間らしい生き方を見るような思いがする。それはまさしく、都会に住む私たちが忘れてしまったものだろう。
ここはただの観光名所ではない。村人たちの生活に密着した聖なる場所なのだと思うと、ひんやりと涼やかな小道を歩く時にも、なんだかまた別の感慨深さがわいてくる。そして、おだやかなやさしい気持ちになれるのだ。

【関連情報】

モンキーフォレストの開園時間 8:00〜18:00

入り口の小屋で入場料Rp.10,000/約140円(3歳〜12歳はRp.5,000/約70円)を支払う。入場券がなくても森は自由に出入りできるが、このお金は猿たちの餌代などの維持費になるのできちんと支払いたい。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/07/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索