page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

有名セレクトショップの商品を先取りできる、ファッション雑貨店


おしゃれな街のかわいいお店

カジュアルにもフェミニンにも合うカゴバッグはひとつRp.160,000。天然ラフィアとコットンで夏らしさを演出する、2007年の新作だ カジュアルにもフェミニンにも合うカゴバッグはひとつRp.160,000。天然ラフィアとコットンで夏らしさを演出する、2007年の新作だ

バリでいちばんおしゃれな街といわれているスミニャック。このスミニャックのメインストリート(ラヤ・スミニャック通り)沿いには小〜中規模のブティックや雑貨屋、インテリアのお店などが軒を連ね、そのセンスの良さを競い合っている。クタやレギャンに比べ、「おとな」なショップが多いことでも知られているこの街で、エイジレスに人気があるのがファッション雑貨の「カタック・バリ」だ。

日本の有名セレクトショップにも商品を卸す、人気店

パナマ椰子で編まれた帽子Rp.180,000は、レザーとシェルがアクセント パナマ椰子で編まれた帽子Rp.180,000は、レザーとシェルがアクセント

この店は、日本人デザイナーが企画したオリジナル商品をメインに扱う。日本をはじめ、海外の大手有名セレクトショップに商品を輸出している実力派だ。新商品はこの店でリリースしてから半年くらいで日本のショップに並ぶので、運がよければ誰よりも先にゲットすることもできるだろう。お値段の方も日本で買うよりかなりお得な価格設定になっている。

「おとなカワイイ」ファッショングッズ

手編みのコットン・チュニックRp.250,000。ラフィアでできた帽子Rp.80,000。革ヒモに色とりどりのガラス玉を飾ったネックレスRp.90,000 手編みのコットン・チュニックRp.250,000。ラフィアでできた帽子Rp.80,000。革ヒモに色とりどりのガラス玉を飾ったネックレスRp.90,000

商品のラインナップは、カゴバッグ、ニットバッグ、サンダル、帽子、アクセサリーなどで、一部スカートやトップスなども販売されている。夏物はもちろん、マフラーや手袋、ニット帽などの冬物も扱っているので、日本が冬の時期に訪れても充分楽しめるだろう。この店は「おとなカワイイ」をコンセプトにしているだけあって、女性のかわいらしさをアピールできるようなデザインのものがそろっている。
右の写真のチュニックもそのいい例で、下に白いタンクトップを着て、細めのデニムやチノパンなどをはけば、めちゃくちゃかわいらしいコーディネートになりそうだ。それほど甘過ぎないので、普段ボーイッシュな格好をしている人でもそんなに違和感なく着こなすことができるはず。

サイズもデザインも日本人女性にぴったり

女性らしいやさしさを感じさせる、ロタンと革で作られたサンダルRp.230,000 女性らしいやさしさを感じさせる、ロタンと革で作られたサンダルRp.230,000

スミニャック界隈のブティックは欧米人をメインターゲットにしている店も多いので、小柄な日本人にはサイズが合わなかったり、胸のところが異常に開き過ぎたり、デザインも「これじゃ日本に帰って着られない」とか「このバッグ、かわいいけど持ってる服に合わない」などという問題もあったりする。けれどカタック・バリはサイズ的にもデザイン的にも日本人をはじめとするアジア人にぴったりなのだ。
だからこの店のファンは多い。インドネシアの有名な女優や歌手もよく来店するそうだ。クラウディア・シンシア・ベラという人気女優もそのひとりで、彼女が雑誌の取材の際に着ていたこの店のボレロはロコたちの間で大人気になった。それはデザインの良さのみならず、商品の最終行程は自社工場で行い、クオリティの維持にもチカラを尽くしている、この店ならではの現象だろう。おしゃれを自認する人はもちろん、おしゃれに興味のある人なら一度は覗いてみたい店だ。

【関連情報】

スミニャックの「ビンタン・スーパーマーケット」から約100m北上した右側にある、この看板が目印。カタックとはインドネシア語でカエルという意味なので、ロゴにもカエルがデザインされている スミニャックの「ビンタン・スーパーマーケット」から約100m北上した右側にある、この看板が目印。カタックとはインドネシア語でカエルという意味なので、ロゴにもカエルがデザインされている

KATAK BALI(カタック バリ)
Jl.Raya Seminyak No.42, Seminyak, Bali, Indonesia
Tel : (62-361) 730580
営業時間:10:00〜20:00/元旦・ガルンガン(バリのお盆)休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索