バリ島、雨季の楽しみ方――熱帯の大自然に抱かれる!

インドネシア・バリ島(インドネシア)・大自然の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

バリ島、雨季の楽しみ方――熱帯の大自然に抱かれる!

掲載日:2007/09/14 テーマ:大自然 行き先: インドネシア / バリ島(インドネシア) ライター:田尾蓮果

タグ: 絶景 大自然



ABガイド:田尾蓮果

【インドネシアのABガイド】 田尾蓮果
全ガイドを見る
バリ島在住。ジャワ島のガジャマダ大学に語学留学後、93年バリ島に移住。誰もが認める犬バカ女で、美味しいもの、買い物、スパも大好き。フリーペーパー「H.I.S.バリフリーク」元編集長。著書に「バリ島極楽チャンプル」「バリごはん バリ島極楽チャンプル2」(共にソニー・マガジンズ)。10年12月「田尾たんぼ」より改名。

干潮とサンセットが重なる時には、ビーチの砂も芸術的な模様を見せる 干潮とサンセットが重なる時には、ビーチの砂も芸術的な模様を見せる

バリ島の雨季

バリ島は10月頃から雨季に入る。その年によって時期がずれるけれど、だいたい10〜12月には雨季入りして、3〜4月くらいまで続く。雨季といっても、熱帯地方の雨は基本的にスコールなので、しとしと雨の降り続く日本の梅雨とはぜんぜん違うものだ。夜中から明け方にかけてバケツをひっくり返したようなスコールが2〜3時間降り、昼間は太陽がぎんぎんに照りつけるというパターンがいちばん多い。昼間に降る時もあるけれど、長時間降り続ける日の方が少ないだろう。しかもバリ島の雨は局地的に降るので、ここがどしゃ降りでもほんの100m先は晴れなんてこともある。車で走っていると、雨の境目がはっきりわかるからおもしろい。

 

スコールと太陽でデトックス 身体で自然を感じよう

熱帯特有のスコールはダイナミックで壮観だ。悪いものを洗い流してくれるような爽快感さえある。そんなスコールがあがった朝、太陽の光がかーっと差し込んでくると、生命の息吹を感じることができるだろう。けして穏やかな朝ではないけれど、そこにはエネルギッシュな一日の始まりがある。そして昼間は、その太陽がさらにパワフルに私たちを包み込んでくれる。夜中に降った雨の水分が照りつける太陽の光の中に溶け出して、身体の中から汗とともに毒素まで絞り出してくれるようだ。まるで天然のデトックス。かといってただ暑いだけではない。都市部の逃げ場のない暑さとは違い、木陰に入れば風のやさしさを感じることもできるバリ島の雨季は、自然の恵みを身体で感じることができる時期といってもいいだろう。

 

これぞ太陽と雲の芸術。みるみるうちに変化していく色に目が釘付けになるだろう これぞ太陽と雲の芸術。みるみるうちに変化していく色に目が釘付けになるだろう

雨季ならではのお楽しみ 太陽と雲が織りなす芸術的なサンセット

特に夕暮れ時は圧巻だ。雲の多い雨季は、太陽の光がいろいろな形をした雲に反射して、まるで芸術作品のようなサンセットを見せてくれる日が多い。ブルーからオレンジ、黄色、赤、紫と、刻一刻と変化していく空を見ていると、心の底から癒される自分を感じることができる。このサンセットを楽しむには、視界を遮るもののないビーチがいちばん。潮風を感じながらそんな色彩の渦の中に包まれていると、バリの人たちがなぜこんなにも信心深いのかがわかるような気がしてくるだろう。そこには人工的なものは一切なく、すべてが自然ですべてがやさしい。とても素直な気持ちで「見えないもの」が存在するということを受け入れられるようになる。
人工的なものばかりが氾濫する都会の生活で忘れてしまった、圧倒的な大自然からのメッセージに、自分の中のなにかが反応するからかもしれない。

 

大自然のエネルギーを注入!

毎日がつまらないと感じている人、つまらなくはないけれど心からの充実感はないという人、つらいことがあった人などには特に、この時期のバリ島がおススメ。スコールで淀んだ気を洗い流した後は、大自然のエネルギーで元気になりましょう。

(注)サンセットは毎日見られるわけではありません。夕方に雨が降っている場合もありますのでご了承ください。また、サンセットが見られるビーチは西側(クタ、レギャン、スミニャック、クロボカン、チャングー、ジンバランなど)に限られます。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/14)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値バリ島(インドネシア)ツアー


最安料金万円

合算 3.87万円4.87万円
旅行代金: 3.874.87万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
成田発

バリ島(インドネシア) ツアー

<席数限定>特別価格!マレーシア航空夜便利用♪ 買い物にも便利なクタ・レギャン地区滞在♪ バリ島 6日間

ホテル:マタハリバンガローまたは同等クラス(バリ…
航空会社:マレーシア航空 指定

日程表を見る

買い物にも便利なクタ・レギャン地区滞在! ※※ご案内※※ ホテルにはこだわらず料金を重視されたお客様を対象としたツアーです。ホテル滞在を重視されるお客様には他のホテル指定コースをお薦めします。※他…

旅行会社/ブランド:アイランズコレクション

合算 3.95万円4.05万円
旅行代金: 3.954.05万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
羽田発

バリ島(インドネシア) ツアー

キャセイパシフィック&ドラゴン航空 羽田深夜発-成田朝着!買い物にも便利なクタ・レギャン地区滞在♪ バリ島 3泊6日間♪

ホテル:マタハリバンガローまたは同等クラス(バリ…
航空会社:キャセイパシフィック航空 指定

日程表を見る

買い物にも便利なクタ・レギャン地区滞在! ※※ご案内※※ ホテルにはこだわらず料金を重視されたお客様を対象としたツアーです。ホテル滞在を重視されるお客様には他のホテル指定コースをお薦めします。※他…

旅行会社/ブランド:アイランズコレクション

合算 4.07万円5.17万円
旅行代金: 4.075.17万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
成田発

バリ島(インドネシア) ツアー

<席数限定>特別価格!マレーシア航空夜便利用♪  2015年OPEN♪ 街歩きに便利で好立地!セレラレギャン指定6日間

ホテル:セレラ・レギャン・バリ(バリ島)
航空会社:マレーシア航空 指定

日程表を見る

<セレラレギャン>2015年にNEWOPEN!ビーチからレギャン通りへぬける小道を入ったところにあり、ビーチへも歩いて10分ほど、レギャン通りへ街歩きをするにも絶好のロケーションです。料金重視でか…

旅行会社/ブランド:アイランズコレクション

合算 4.17万円5.27万円
旅行代金: 4.175.27万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
成田発

バリ島(インドネシア) ツアー

<席数限定>特別価格!マレーシア航空夜便利用♪ お洒落でスタイリッシュな4つ星ブティックホテル「フォンタナホテル」6日間

ホテル:フォンタナ・ホテル・バリ(バリ島)
航空会社:マレーシア航空 指定

日程表を見る

<フォンタナホテル>2012年12月にOPENしたスタイリッシュなホテル。お部屋はモダンな家具が配置され、お洒落な上に、使いやすさにも考慮されたデザインで快適なご滞在をお約束♪中心部から離れていま…

旅行会社/ブランド:アイランズコレクション

合算 4.20万円
旅行代金: 4.20万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

バリ島(インドネシア) ツアー

【往復送迎&朝食付】◇〜癒しの楽園バリ〜クタビーチに徒歩約3分、好立地でお得に滞在♪サーファーさんにも大人気!『チャンプルンマス ホテル【ス…

ホテル:チャンプルン・マス・ホテル・レギャン(ク…
航空会社:マレーシア航空 指定

日程表を見る

■マレーシア航空利用◆チャンプルンマス宿泊◆クタのビーチまで歩いて5分!!サーフポイントにも近いため、サーファーさんにもオススメです。便利な立地でリーズナブルに過ごされたい方に人気♪☆スペシャル特…

旅行会社/ブランド:バリガール

合算 4.20万円
旅行代金: 4.20万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

バリ島(インドネシア) ツアー

◯●3泊以上でレイトチェックアウト付き☆●◯【往復送迎&朝食付】大型スーパーの裏手&ショッピング街もすぐ近く!『フェイブ ホテル クタ スク…

ホテル:フェイブホテル・クタ・スクエア(クタ・レ…
航空会社:マレーシア航空 指定

日程表を見る

■マレーシア航空利用◆フェイブ ホテル クタ スクウェア◆クタビーチまで徒歩5分の好立地であり、ショッピングモールや市場までも徒歩圏内。ピンクと白を基調としたお部屋は、清潔でスタイリッシュな印象。…

旅行会社/ブランド:バリガール


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事