page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・癒しの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バリ島でインド的不思議体験?!アーユルヴェーダで心身リフレッシュ


スミニャックの街角で異彩を放つプラナスパ

ここはインド? と見まごうばかりの堂々たる外観。バリでいちばん大きな輸入食材店「バリデリ」の目の前にある ここはインド? と見まごうばかりの堂々たる外観。バリでいちばん大きな輸入食材店「バリデリ」の目の前にある

バリ島一のおしゃれエリア、スミニャックを散策していると、突然あらわれる大きくて派手派手な建物。ここを初めて通った人のほとんどが「これはいったいなんなの?」と訊き、唖然とするほどの強いインパクトがある。これはこの建物のお隣にある有名ヴィラ「ザ・ヴィラス」直営のプラナスパ。おそらくバリでいちばんの異色スパだろう。

外観だけじゃない。驚きの豪華絢爛さ

内装もすべてインドのムガール様式で統一されている。廊下でさえもこの豪華絢爛さだ 内装もすべてインドのムガール様式で統一されている。廊下でさえもこの豪華絢爛さだ

この建物に一歩足を踏み入れると、そこはもうバリではない。インドのムガール王朝様式で統一された不思議な空間が広がっている。ナチュラルな空間をウリにしているスパが大半を占めるバリ島で、この堂々たるインドぶりはどうだろう。お見事としか言いようがない。店内には「みよ〜ん」というカンジのゆったりとしたインド音楽が静かに流れ、そのエキゾチックさがさらに深みを増しているようだ。こんなに濃厚でシンとした空気の中では、トリートメントルームへと続く廊下も、インドのお姫様になった気分で歩いてみたい。

アーユルヴェーダを取り入れた、心も身体も大満足のメニュー「シンプルブリス」

支柱からさげられた容器はシロダラ用オイル入れ。ここにあたためたオイルを入れると、少しずつ下にたれてくる仕組みになっている 支柱からさげられた容器はシロダラ用オイル入れ。ここにあたためたオイルを入れると、少しずつ下にたれてくる仕組みになっている

そんなプラナスパでぜひ受けてもらいたいトリートメントは「シンプルブリス」。インドの伝承医学アーユルヴェーダの中でもいちばん人気の高いシロダラと、アロマテラピーマッサージがセットになったトリートメントだ。
このトリートメントは、まず、トロピカルフラワーとハーバルソルトを入れたお湯の中に足を入れて、軽くフットマッサージ。その後、アロマオイルを使って身体の中の老廃物をリンパの流れに沿って押し出していくアロマテラピーマッサージを1時間たっぷりと受ける。身体の中が充分キレイになってリラックスしたところで、いよいよシロダラだ。頭、首、肩のアーユルヴェーダマッサージの後、眉間にある「第三の目」とも呼ばれるチャクラ(身体の中のエネルギーポイント)に、あたためたオイルをたらたらとたらしていく(このオイルはインドから取り寄せた本場もので、現地インドでは医療用にも使われているそうだ)。こうすることによって、深いリラクゼーションへと導いてくれるそうだ。

日々の疲れを一気に解消したい人におススメしたい

実際に私も何度か受けたけれど、そのたびに普通のマッサージだけでは得られないような感覚が身体の芯からこみあげてきた。疲労がたまった時の、身体の奥から指先までがどんよりと重いような感覚がきれいさっぱりなくなるうえに、かなりの爽快感まで味わうことができたのだ。そして不思議なことに、トリートメントが終わった後にはやさしい気持ちになった自分がいた。「癒し」とはまさにこういうことなのだろう。ストレス、疲労、偏頭痛、体力や気力が低下している人には特に効果があるといわれているシロダラ。日々のハードワークで疲れた心と身体をこのトリートメントでねぎらってあげれば、明日からの生活がもっと元気になれるかも。

【関連情報】

■シンプルブリス: US$90/2時間/プラナレストランでのフレッシュジュース券付き
Prana Spa(プラナスパ)
住所:Jl.Kunti No.118X, Seminyak, Bali, Indonesia
Tel : (62-361) 730840
Web:http://www.thevillas.net
営業時間:9:00 22:00/無休
※ 料金には税・サ21%が加算されます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索