page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・ビューティーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バリ島に新登場の「アーユルヴェーディック・カティバスティ」で痩せやすい身体に!


掲載日:2008/03/10 テーマ:ビューティー 行き先: インドネシア / バリ島(インドネシア)

タグ: キレイ マッサージ 癒し


またしても「シエスタ」に新メニュー登場! 今度は「カティバスティ」!

小麦粉とハーブで作られた土手の中にあたためたセサミオイルをたらしていく 小麦粉とハーブで作られた土手の中にあたためたセサミオイルをたらしていく

バリ島に数あるスパの中でも、意欲的にメニュー開発に取り組んでいる「シエスタ」。このシエスタがまたしても新しいメニューを登場させたというので、早速お試しに行って来た。今回の新メニューは「アーユルヴェーディック・カティバスティ(US$55/60分)」だ。カティバスティはインドに5千年以上前から伝わる民間療法アーユルヴェーダのひとつで、腰に小麦粉とハーブで作った土手を置き、その中にあたためたセサミオイルをたらしていくというもの。これによって身体がじわじわとあたたまり、腰痛や冷え性、便秘、むくみなどが改善されるそうだ。そしてなによりうれしいのは、仙骨をあたためることで新陳代謝が良くなり、加齢と共に痩せにくくなっている身体を痩せやすくさせるということ。日本ではあの有名なたかの友梨さんのサロンでも取り入れているほどの実力派メニューなのだ。

極楽マッサージで更に効果アップ

ツボを押さえたハンドマッサージでコリも解消される ツボを押さえたハンドマッサージでコリも解消される

このメニューは、まず腰から背中にかけての軽いマッサージから始まる。その後、カティバスティ。オイルで仙骨をあたためている間、足のマッサージもしてくれる。これが終わると土手を取り除いて、再び背面をじっくりマッサージ。次に仰向けになってお腹のマッサージ。そしてお腹の上にも腰と同じように土手を置いてセサミオイルをたらす「ウダラバスティ」を行い、しばらく置いた後、前面のマッサージと続き、最後にシャワーで終了だ。腰やお腹をあたためるだけでなく、こうしてあたたかいオイルでマッサージすることによって全身の血行を良くしてくれるので新陳代謝がさらにアップする。実際にこのメニューを試した後、この原稿を書いている時点で丸二日経つけれど、いまだにつま先がぽかぽかしている。つま先まで血の巡りが良くなったということは、ほかの気になる部分(お腹とか太ももとか)もかなり血行が良くなっていることだろう。

アーユルヴェーダの王道「シロダラ」とのセットで癒し効果も

アーユルヴェーダでいちばん人気の「シロダラ」とセットになったコースもある アーユルヴェーダでいちばん人気の「シロダラ」とセットになったコースもある

シエスタでは、この「アーユルヴェーディック・カティバスティ」にアーユルヴェーダの王道「シロダラ」をプラスしたセットメニューも同時発売された(アーユルヴェーディックパッケージA:US$100/120分)。シロダラは、数あるアーユルヴェーダメニューの中でもいちばん人気のメニューで、眉間にある第三の目にあたためたセサミオイルを少しずつたらしていくというもの。疲労やストレスを緩和させるため、癒し効果もバツグンだ。ただし、このシロダラを受けると、ハンパでない量のオイルが髪にかかる。癒しの島バリにぴったりのこのメニューはあちこちのスパで取り入れられているけれど、たとえ超ハイクラスなホテルのスパでも、施術後の髪は自分で洗うものだ。ところがここでは、シャワーで身体のオイルを落とした後(これは自分で)、サロンの方に移ってセラピストが髪まできちんと洗ってくれるのだ。もちろん、ブローもしてくれる。この店はいたれりつくせりのサービスで定評があるけれど、ここまでしてくれるとは思わなかったので驚いた。さすがシエスタとしかいいようがない、うれしいサービスだ。

【関連情報】

セラピストのヤッミニさん セラピストのヤッミニさん

■ siesta(シエスタ)
Jl.Toya Ning (Tukad Badung) No.9, Jimbaran, Bali, Indonesia
Tel : (62-361) 708288
Open : 10:00 21:00
無料送迎あり(ウブドなどを除く南部エリアのみ)

*髪を洗ってもらうだけでなく、しっかりトリートメント&頭皮マッサージもしてほしい人には、パッケージAにクリームバス(インドネシア伝来の髪のトリートメントと頭皮マッサージ)がプラスされた「アーユルヴェーディックパッケージB:US$130/180分」がオススメ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索