page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・ビューティーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

皮膚科のドクターも常駐する 本格エステサロンで美肌を手に入れよう


口コミで人気が広がった ウワサのフェイシャルを試してみる

ショッピングモール「イスタナ クタ ギャレリア」内にあるミラクル外観 ショッピングモール「イスタナ クタ ギャレリア」内にあるミラクル外観

バリ島に在住する数人の友人からこの店のウワサは聞いていた。なんでも皮膚科のドクターまで常駐している本格的なエステサロンだという。ここのメニューにはボディケアやフットトリートメント、ヘアスパ、マニキュア、ペディキュアなどのほかにマッサージ各種があり、ボトックスまで揃っているけれど、中でも人気なのはフェイシャルだ。エステティシャンの質も高いうえに、最新機器も導入されているとかで、在住日本人にもファンが多い。これは一度試してみないといけない。ずっと思っていたのだけれど、その機会がなかなかなかった。そこで今回は、ウワサのミラクルフェイシャルに挑戦してみようと思う。

毎月変わるお得なパッケージ

フロントではメニューやパッケージの説明をしてくれる フロントではメニューやパッケージの説明をしてくれる

ミラクルにはあまりにも盛りだくさんのメニューがあるので、どれにしようか悩んでしまう。フェイシャルひとつとっても、ざっと数えただけで12種類。そのうえ、ピーリングやらパッケージやらなんやらかんやら……。これは迷う。かなり迷う。さんざん悩んだ末に毎月変わるお得なパッケージの中から、「デトックス チャルミン フェイシャル」と「ネック&デコルテトリートメント」、「ビオ(スキン ライトニング)」がセットになったパッケージRp.326,000(約3,790円)を選んでみた(通常価格RP.380,000:約4,420円)。このデトックスフェイシャルに使用されるプロダクトはドイツ製なんだそうだ。

心地よいハンドマッサージと、清潔な機械を使ったトリートメント

エステティシャンのカルティニさんとトリートメントルーム エステティシャンのカルティニさんとトリートメントルーム

トリートメントルームはいたって清潔。ここで、使い捨ての割には厚手の紙を使ったフェイシャル用の簡易服に着替える(これは後でお持ち帰りバッグに入れてくれる)。器具類もきちんと消毒され、エステティシャンの手はもちろん、私の手まで消毒してくれた。さらに驚いたことに彼女はマスク着用。日本のエステではあたりまえのことだけれど、バリのフェイシャルでエステティシャンがマスクをする店は珍しい。これはかなり本格的だ。クリームをつけた上から行われるハンドマッサージもとても気持ちいい。デトックスフェイシャルはその名のとおり、お肌に染み込んでいる毒素(落としきれなかったファンデーションの残りやら排気ガスやらほこりやら)をキレイに出してくれるというものだ。エステティシャンのやわらかな手でピタピタ、ヌンヌンと顔をマッサージされていると、精神的にも毒出しされているような気分になってくる。首やデコルテのトリートメントにいたっては、いつのまにかついてしまった悲しいシワまで取れるんじゃないかという気になってくるから不思議だ。トリートメントが終わった後はすっきりさっぱり、気分も爽快。顔がリフトアップされて小さくなっているような気さえしてきた。

ツーリスト向けでもなくローカル庶民向けでもない、本格エステサロン

バリ島にはツーリスト向けやローカル庶民向けのスパ、マッサージ店はたくさんあるけれど、こういった本格的なエステサロンはほんとうに少ない。日本から来るリピーターの中には、皮膚が弱いためにここのドクターのメディカルトリートメントに通う人もいるそうだ。日本のエステサロンに比べてはるかにリーズナブルな料金で本格的なトリートメントが受けられるのだから、特にお肌のトラブルで悩んでいる人は一度試してみるといいかも。もちろん、私もこれから通う予定だ。次回は毛穴を小さくするクリスタルピーリングとやらを受けようと心に決めている。

【関連情報】

■ Miracle Aesthetic Clinic(ミラクル アエステティック クリニック)
住所:Istana Kuta Galeria Blok PM1/20, Jl.Raya Kuta, Kuta, Bali, Indonesia
クタのショッピングモール「イスタナ クタ ギャレリア」内。
Tel : (62-361) 769019
WEB : www.miracle-clinic.com
営業時間:9:00〜20:00/無休
*要予約(前日までに予約を入れるのがベター)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索