page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バリのパリ?! ノスタルジックなフレンチ・コロニアルムードたっぷりの「カフェバリ」


古き良き時代を彷彿とさせるフレンチテイストのインテリア

エントランスからすでに雰囲気たっぷり エントランスからすでに雰囲気たっぷり

2007年6月のオープン以来、女性たちのハートをワシづかみにしているおしゃれなカフェ&レストラン「カフェバリ」。バリいちばんのグルメストリートとして有名なスミニャックのオベロイ通り中程で、その存在感をキラキラと放っている。外観的にはほとんど目立たないけれど、入り口からちらっと中を覗くと、明らかにほかの店とは違う雰囲気。「西洋人のイメージするアジア」とでも言おうか、「西洋と東洋のマッチング」とでも言おうか、コロニアルなかわいらしさにあふれているのだ。この雰囲気につられて中に入ってみると、ああ! なんておしゃれな空間! ノスタルジックなインテリアが古き良き時代を彷彿とさせている。そんな時代に生きていたわけではなく、知るはずもないのに、なぜか「古き良き時代」という言葉が心に浮かび上がってくるから不思議だ。木製の椅子やカウンター、食器棚などに心がなごむ。

店内のディスプレイに、思わず「かわいい〜♪」

店内のいたるところにかわいらしい飾りが。花の中に埋もれているのはたまご形のイースター用飾り付け 店内のいたるところにかわいらしい飾りが。花の中に埋もれているのはたまご形のイースター用飾り付け

テーブルの上はもちろん、壁に掘られたニッチ(南欧風の壁の穴)の中、棚の上などにも花やキャンドルが飾られ、心憎いほどの演出がなされている。3月末のイースターの時には花の上にたまご形の置物が埋もれていたり、クリスマス時期にはサンタの人形が埋もれていたりと、シーズンによって楽しい飾り付けも。この店のオーナーはフランス人とオランダ人のご夫婦なので、ヨーロピアンのウィットに富んだ遊び心が店内のいたるところで見られるのだ。彼らのセンスの良さは「さすが」のひとこと。こんなにかわいらしいインテリアエッセンスは自分の家にもぜひ取り入れてみたい。

インターナショナルな料理のラインナップ

リングイネ・サーモン(手前のパスタ)Rp.48,000(約560円)、タイ・フィッシュサラダRp.38,000(約440円)、アイスレモンティーRp.10,000(約120円) リングイネ・サーモン(手前のパスタ)Rp.48,000(約560円)、タイ・フィッシュサラダRp.38,000(約440円)、アイスレモンティーRp.10,000(約120円)

さてさてここで肝心な料理について。カフェバリの料理はパスタあり、飲茶あり、巻き寿司あり、インドネシア料理あり、タイ料理あり、もちろんフレンチもありと、なんでもありのインターナショナル。それがちょこっとずついろいろあって、ここでも西洋と東洋が見事に融合しているのだ。中でもいちばんのオススメは飲茶(Dim Sum)。ハーカオ(海老餃子)や焼売など、3種類しかないけれど、これが美味しい。こんなステキな雰囲気の中でビール片手にいただけば、忘れられないバリの思い出になることウケアイだ。

自然体で感じのいいスタッフたち

奥にある機能的なバーカウンターの前で(ここはあまりノスタルジックではない)。フレンドリーで陽気なホールスタッフ 奥にある機能的なバーカウンターの前で(ここはあまりノスタルジックではない)。フレンドリーで陽気なホールスタッフ

この店のスタッフには感じのいい人が多い。押し付けがましくない程度のフレンドリーさがとても自然に感じられる。つかず離れずのスマートな接客態度はヨーロピアンのボスから指導されたものなのだろう。カメラを向けると途端に元気になる男の子もいれば、思い切りはにかんでしまう人もいる。そんな彼らとのやりとりも楽しく、そのおかげで気持ちよく食事ができるのだ。いくら雰囲気が良くても、料理が美味しくても、スタッフの態度が悪かったら台無しだものね。みなさんもぜひ、カフェバリ体験しにバリ島へどうぞ。

【関連情報】

夕方からは各テーブルの上にキャンドルがともされる 夕方からは各テーブルの上にキャンドルがともされる

■ Cafe Bali(カフェバリ)
住所:Jl.Laksmana(Oberoi), Seminyak, Bali, Indonesia
スミニャックのオベロイ通り中程。モロッコ料理レストラン「カイマ」隣。
Tel:(62-361) 7801515
営業時間:7:00〜翌0:30/無休

☆この店の飲食代には税・サ15%が加算されます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索