page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

エグゼクティブクラスのリゾートホテル「セントレジス・バリ」 いよいよオープン!


セレブ気分に浸れる、本格派リゾートホテル

スイートのベッドスペース スイートのベッドスペース

2008年9月15日、バリ島南部ヌサドゥア地区に「セントレジス・バリ」がオープンする。素晴らしい設備とサービスを兼ね備えた高級リゾートが競い合うバリ島の中でも、群を抜く最高級クラスのリゾートだ。ビルディングタイプの部屋は全室スイートで、1階はテラス脇にプライベートプール付きの「セントレジス・プールスイート」、2階以上の階はテラスのみの「セントレジス・スイート」となっている。部屋の中はどれも同じ造りだ。さらに充実のファシリティを誇るヴィラも3タイプ。そのどれもが本物のセレブでさえ満足できるような素晴らしい仕上がりになっている。

広々としたスイートルームと充実のファシリティ

スイートのリビングスペース スイートのリビングスペース

スイートルームの広さは各92平方メートル。このうち、テラスだけで15平方メートルと、東京の一般的なビジネスホテルのシングルルームより広い。重厚感のあるアンティーク風のインテリアで統一された室内は、ワンルームながらもベッドエリアとリビングエリアにわかれ、別に玄関スペースがあることによって自分の部屋感覚をさらにアップしてくれている。ここで使われているものは、インテリアからリネンまですべてクオリティの高いもののみ。バスローブはシルクで、シーツなどのベッドリネンはUS$1,000もするという高級品。テレビもシャープの液晶42インチで、iPotのスピーカーはボーズ社製だ。自分のiPotを持って来なかった人にはホテルの方からレンタルもしてくれる。

プール、レストラン、デリ、スパなど、お楽しみもいろいろ

スイートのバスルーム。バスルームにも全室テレビ付きだ スイートのバスルーム。バスルームにも全室テレビ付きだ

5月末の取材時にはまだ工事中だったので残念ながら写真がないけれど、敷地内に広がるラグーンプールは3,668平方メートルの広さを誇り、プール中程に設置された島にはデッキチェアも置かれるそうだ。そんなところに寝っ転がってうとうとしたら、ものすごく幸せな気分になれそうな気がする。併設の「ル・メドゥ スパ」も営業時間が朝の6時から深夜0時までと、早朝や深夜のフライトの前や後にも利用できるように配慮されている。レストラン「カユ プティ」では世界各国で認められたシェフのオスカー氏が腕をふるい、シーフードがメインの美味しい料理を提供してくれるそうだ。また、リゾート内にはデリもあり、レストランで作られたサラダや輸入チーズなども販売。お気に入りを買い込んで自分の部屋でワインをかたむけながらのんびりいただくこともできる。

ヴィラでふたりだけのあま〜い時間を

ヴィラのベッドルーム ヴィラのベッドルーム

セントレジスのヴィラは3タイプ。一軒ずつ塀で囲まれた「ガーデンヴィラ」は、プライベート感を大事にしたい人向き。庭先からラグーンプールに直接アクセスできる「セントレジス・ラグーンヴィラ」は、プールで思い切り遊びたい人に。そして、やっぱり海が見えるヴィラがいいという人には、オーシャンフロントの「ザ・ストランドヴィラ」がオススメだ。どのヴィラもリビングダイニング、キッチン、ベッドルーム、バスルーム、プライベートプール、バレ(東屋)から成る基本的な造りは同じで、立地条件が違うだけ。ビルディングタイプの部屋と共通の24時間バトラーサービスも受けられると、いたれりつくせり。特に新婚旅行などのカップルには、このヴィラ滞在が良い思い出になることだろう

【関連情報】

ヴィラのリビングダイニング。パイナップル型のシャンデリアがかわいい ヴィラのリビングダイニング。パイナップル型のシャンデリアがかわいい

■ ST REGIS BALI(セントレジス・バリ)
住所:Jl.Terompong, Nusa Dua, Bali, Indonesia
ヌサドゥアの「バリ・ゴルフカントリークラブ」隣。ラグジュアリーヴィラ「ザ・バレ」手前。
Tel : (62-361) 8478 111(オープンまでの準備オフィス)
Fax : (62-361) 8478 099(同上)

*オープンは9月ですが、予約はすでに受け付けています。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索