page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

知る人ぞ知る、サヌールで安くて美味しい“インドネシア料理”を食べたいならここ!


掲載日:2008/06/20 テーマ:グルメ 行き先: インドネシア / バリ島(インドネシア)

タグ: おいしい グルメ レストラン 安い


安くて美味しい食堂で、ローカル料理を堪能したい

(左)スープ・イカン・ラウトRp.18,500(約220円)、(右)イカン・バカール・パラヒャンガンRp.18,500(約220円)、ライスRp.3,000(約35円) (左)スープ・イカン・ラウトRp.18,500(約220円)、(右)イカン・バカール・パラヒャンガンRp.18,500(約220円)、ライスRp.3,000(約35円)

落ち着いた雰囲気が大人に人気のリゾートエリア、サヌール。この街のはずれにひっそりとたたずむ小さな食堂「ワルン・パラヒャンガン」は、安くて美味しいと評判の店だ。バリ島のお隣にあるジャワ島の料理を中心に、バリ島名物イカン・バカール(焼き魚)やインドネシアン中華など、メニューもバラエティに富んでいる。そんなメニューの中でいちばんのオススメは写真の「スープ・イカン・ラウト」。イカン=魚、ラウト=海という意味のインドネシア語で、「海魚のスープ」。「海魚ってなに? アジだってタイだってカツオだって海魚なんだから、その辺をはっきりしてもらわないと困るよ」っていうのは几帳面な日本人の考え方。細かいことにはこだわらないインドネシア人は、こんな大ざっぱなネーミングでも誰も文句を言わない。魚は海か川かさえわかればそれでいいのだ。で、このスープ、酸味が効いていてとても美味しい。ただし、「辛くして(ミンタ プダス)」というと「なにもそこまで」というくらい辛くしてくれるので、たとえ辛いものが好きな人でも「マイルド」でいただくのがオススメだ。

在住外国人、長期滞在者もご用達の人気ワルン(食堂)

木陰にあるので暑い日中でも比較的過ごしやすい 木陰にあるので暑い日中でも比較的過ごしやすい

このワルンは、メインストリートからちょっと入ったところにあるためか、「誰もが知っている」というわけではない。いわゆる「ツウ」好みの店だ。けれど、日本人を含めた在住外国人、長期滞在者にとても人気がある。もちろん、地元の人たちも食べに来るけれど、外国人客の姿が目立つ、そんな店なのだ。店内はお世辞にも立派とは言えないが、清潔で居心地もいい。特にテラス席がオススメで、私もこの店に行くと、空いている限り必ずテラス席に座る。大きな垂れ幕(のれん?)を通して入って来る木漏れ日がやさしく、どこかほっとするような雰囲気さえある。

オーダーはメニューを指さして

カメラを向けたらにっこりしてくれたスタッフ カメラを向けたらにっこりしてくれたスタッフ

ここはスタッフも感じのいい人が多い。男の子も女の子も黙々と働いている。バリにはスタッフがだらだらっとしているワルンが多いので、ちょっとでもきびきびしてくれると、日本人の目にはとても心地よく写るらしい。ここのスタッフはきびきびしながらも、おだやかそうな雰囲気で、余計なことを言ったり訊いたりしてこないところもまたいい。みんな日本語はできないけれど、注文する時はメニューを指させば大丈夫。彼らも外国人に慣れているので、言葉は通じなくてもコミュニケーションの方法は知っているから。メニューには簡単な英語の説明もあるので安心だ。店内に流れるまったりとした空気の中で、気軽に美味しいごはんを楽しみたい

【関連情報】

■ Warung Parahyangan(ワルン・パラヒャンガン)
住所:Jl.Sudamala No.55-59, Sanur, Bali, Indonesia
サヌールのメインストリート、ダナウ・タンブリンガン通りを南下し、突き当たりのT字路を右折してすぐ右側。
Tel : (62-361) 270532
Open : 9:00〜21:30/無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索