page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

レベルの高いバリ島の居酒屋で、ほっとひと息つきたい夜


掲載日:2008/08/26 テーマ:お酒・バー 行き先: インドネシア / バリ島(インドネシア)

タグ: おいしい 日本食


日本人経営の和食屋が目白押しのバリ島は、和食のレベルもかなり高い

大根サラダやもずく&オクラ、白和えなど、胃腸にやさしい和食メニューが豊富 大根サラダやもずく&オクラ、白和えなど、胃腸にやさしい和食メニューが豊富

世界中の人々が集まって来る国際的リゾート、バリ島。この島に魅せられて移住してくる外国人が後を絶たないおかげで、世界各国の本場の味が楽しめる、味覚のミラクルアイランドでもある。中でも日本からの移住者は多く、現在デンパサールの日本領事館に登録されているだけで約1,700人。登録していない人も含めると、この倍の数になると言われている。そんな在住日本人の味覚を満足させるために、バリ島にはたくさんの和食屋が軒を連ね、その味を競い合っているのだ。一流ホテルの中の高級和食店から町なかの居酒屋までバラエティに富んだ店が揃い、しかも日本人経営の店が多いため、海外の和食屋にありがちな「これが和食かい?」というような不思議な食べ物は極めて少ない。日本人が充分満足できるメニュー構成の店が多いのだ。

リーズナブルにおいしい料理とお酒でひと息いれたい

調理場を仕切り、ホールも任されているマネージャーのカズヤさん 調理場を仕切り、ホールも任されているマネージャーのカズヤさん

そんな中、2007年12月、グルメストリートとして有名なオベロイ通りにオープンした「K2(ケイツー)」は、在住日本人はもちろん、欧米人にも人気を博している居酒屋だ。この店に夜な夜な集まって来る人々は、ひと皿Rp.10,000〜20,000程度(約120〜240円)という、物価の安いバリでも破格値の和食に舌鼓を打っている。いちばんのオススメメニューはおでんで、どれでもひとつRp.5,000(約60円)。ほどよく味のしみた大根やこんにゃく、ゴボウ天、ゆで卵、つみれなど、日本人なら誰でも幸せな気分になれるものばかりだ。酎ハイメニューが豊富だというのもこの店の魅力で、レモンやオレンジはもちろん、ゆずや緑茶、モヒート(ミント)風まである。また、実はこのK2、「海山(かいざん)」という和食屋に併設されている居酒屋なので、海山のアペタイザーやお寿司、お刺身なども注文することができるというのもうれしい。

ツーリストにもオススメの気軽な居酒屋

赤ちょうちんに思わず誘われる、夜のK2 赤ちょうちんに思わず誘われる、夜のK2

私が今まで観察してきたところによると、日本人男性は年齢に限らずエスニック料理の苦手な人が多いようだ。ツーリストでも女性同士の場合はインドネシア料理を食べたがるけれど、男女カップルや家族連れなど、メンバーに男性が入っていると和食率がぐんと高くなる。せっかく旅に出たのだからその土地のものを食べたいというのももっともだけれど、苦手なものを無理に食べてイヤな思いをするっていうのもかわいそうだ。日本人にはやっぱり和食。どこに行っても和食が食べたいという人は迷わず和食屋に行けばいいと思う。けれど高級な店は敷居が高いという人には、このK2をオススメしたい。この店も日本人経営なばかりか、カズヤさんという日本人マネージャーもいて、味のチェックやホールの指導もしているから安心できる。ここは気取らない雰囲気の中で、慣れ親しんだ料理を食べてリラックスしたいという人にうってつけの店なのだ。

【関連情報】

■ K2(ケイツー)
住所: Jl.Laksmana (Oberoi) No.33, Seminyak, Bali, Indonesia
スミニャックのオベロイ通り沿い。和食屋「海山(かいざん)」隣。
Tel: (62-361) 7472324
Open: 18:00〜翌2:00/無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/08/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索