page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ショッピングのひとやすみに最適な、居心地のいいガーデンカフェ


歩き疲れたらガーデンカフェでひとやすみ

ワインなどのアルコール類も豊富に揃っている ワインなどのアルコール類も豊富に揃っている

新しいブティックやレストランが次々とオープンして注目を浴びている、スミニャックのクンティ通り。この通りにある輸入食材店「バリデリ」は、在住外国人はもちろん、このあたりのヴィラに宿泊している人たちからも支持を得ている人気スーパーだ。今回は、このバリデリに併設されているカフェ「ル・スポット」をご紹介しよう。このカフェはクンティ通りからは見えないのでわかりにくいかもしれないが、バリデリ店内から入ることができる。いわば、バリデリの裏庭を利用したガーデンカフェだ。さわやかな風が吹き抜ける店内には、バレ(バリ式東屋)席やパラソルの下のテーブル席などがあり、ショッピングの途中でほっとひと息つくのにちょうどいい 。小さな室内席スペースもあるので「冷房が入っていないとイヤ」という人も安心してくつろげるだろう。

フレッシュジュースで生き返る

バナナ、ストロベリー、洋梨のジュース「レッド アイ」Rp.30,000(約350円) バナナ、ストロベリー、洋梨のジュース「レッド アイ」Rp.30,000(約350円)

歩き回って疲れた身体にやさしい、天然果汁をふんだんに使ったフレッシュジュース。ル・スポットには、いろいろなフルーツの組み合わせを楽しめるジュースが揃っている。ひとやすみしながらビタミン補給もできて一石二鳥だ。もちろん、マンゴー、タンジェリン(オレンジ)、スイカ、バナナ、パイナップルなど、熱帯の日射しを浴びて育った栄養満点のフルーツを単品でジュースにしてもらうこともできる。好みの味を選ぶのもいいし、ちょっと変わった組み合わせにトライしてみるのも楽しいだろう。中にはチリ(唐辛子)入りの不思議ドリンクまであるので、話のネタや旅の思い出にいいかもしれない。

ケーキの種類も豊富!あれこれ楽しく迷いたい

チョコレート ミルフィーユRp.14,000(約165円)。ほかにバニラ味もあり チョコレート ミルフィーユRp.14,000(約165円)。ほかにバニラ味もあり

ここのケーキ類はすべてホームメイドのオリジナル。メニューには代表的なものが5〜6種類しか載っていないけれど、バリデリのベーカリーに行けばショーケースの中にあるたくさんの種類の中から実際に見て選ぶことができる。チーズケーキ、ストロベリータルト、ストロベリームース、シュークリームあたりが人気で、チョコレート類もなかなかの味だ。暑いところでは、甘いものがヤケにおいしい。暑さで疲れるので身体が糖分を必要としているからだろうか。いずれにしても、おいしいもので元気になれるなんて最高だ。

サラダなどの軽食類もオススメ

オススメのレバニーズ ローストチキンサラダRp.20,000(約235円) オススメのレバニーズ ローストチキンサラダRp.20,000(約235円)

「甘いものは苦手」という人には、サラダなどの軽食がオススメ。ここでは食事を頼むと必ずバゲットなどのパンがついてくるので、サラダだけでも充分小腹が満たされるはずだ。少食の人ならランチにもいいかもしれない。私のイチ押しサラダは、写真のレバニーズ ローストチキンサラダで、ほぐしたローストチキンにセロリ、タマネギなどがカッテージチーズとともにあえてある。一度食べてからかなり気に入って、ここに行くたびに注文しているほどだ。みなさんもぜひ一度食べてみて。

【関連情報】

バレやパラソルが並ぶ店内には、緑もいっぱいあって落ち着ける雰囲気 バレやパラソルが並ぶ店内には、緑もいっぱいあって落ち着ける雰囲気

■ Le Spot(ル・スポット)
住所:Jl.Kunti No.117X, Seminyak, Bali, Indonesia
ラヤ・スミニャック通りからクンティ通りに入り、徒歩3〜4分左手にある輸入食材店「バリデリ」に併設。「プラナスパ」正面。
Tel:(62-361) 738686
Open:8:00〜22:00/無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索