page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

シーフードの豊富なバリ島で、新鮮なネタを使った回転寿司を楽しもう


新鮮なシーフードが格安で食べられるバリ島

水色のお皿Rp.9,000(約74円)〜、ゴールドのお皿Rp.35,000(約290円)。いくら茶碗蒸しRp.32,000(約260円)、カニグラタンRp.26,000(約210円) 水色のお皿Rp.9,000(約74円)〜、ゴールドのお皿Rp.35,000(約290円)。いくら茶碗蒸しRp.32,000(約260円)、カニグラタンRp.26,000(約210円)

今や世界中で食べられるようになったニッポンのお寿司。ここバリ島でも、ホテルや町なかの和食屋さんで気軽に楽しむことができるようになった。しかも、マグロやイカ漁は近海で行われているため、かなり新鮮なものが食べられるのだ。せっかくバリ島まで来たなら、これを逃す手はないだろう。特にプリプリのイカは超おすすめネタで、島内のどこで食べてもハズレることは少ない。マグロの赤身が苦手な人でもバリのものは食べられるという話もよく聞くほどだ。ただしトロの部分は、一本のマグロから取れる量が少ないために、残念ながら品切れの場合も多い。もしもお店にあったらラッキーだと思って、ぜひ食べてみてほしい。

ジャカルタからやって来た巨大回転寿司屋さん

カウンターの中では、スタッフが慣れた手つきでテキパキと巻き寿司を作る カウンターの中では、スタッフが慣れた手つきでテキパキと巻き寿司を作る

2007年9月、サンセット通りにオープンした「すし亭」は、1994年シンガポールに1号店を開業して以来、東南アジアやオセアニアの5カ国に計27店舗を展開しているフランチャイズチェーンだ。インドネシアでは、ジャカルタに4店舗、スラバヤに2店舗、バンドゥンとメダンに各1店舗ずつあり、このバリ島店が9店舗目となる。白を基調とした開放的で明るい店内は、日本の回転寿司からは想像できないようなモダンな造りで、カウンター席とテーブル席が計170席もあるほど広い。お寿司のほかにも、お刺身、揚げ物、鍋、丼もの、麺類、各種一品料理、デザートまで約230種類もの豊富なメニューが揃うのも魅力だ。アルコールの方も日本酒や焼酎、ワインなどが充実しているので、一杯やりながらゆったりと食事を楽しむのにももってこいだ。また、バリ島のレストランではお茶にも料金がかかるのが普通だけれど、ここでは冷たいお茶も温かいお茶も無料で、何杯でもおかわりができるというのもとてもうれしい。

裏技を使っておいしくいただこう

変わり巻き寿司のできあがり。1本巻くのに3分もかからない 変わり巻き寿司のできあがり。1本巻くのに3分もかからない

新鮮で豊富なネタを楽しめるのでおすすめのすし亭。けれど、各テーブルの上に用意されている醤油とベルトコンベアの上を回っているワサビだけは、日本人には少々キビシイお味だ。在住者の間でも、この醤油とワサビで残念な思いをした人が多いと聞く。けれど大丈夫。ここでひとつちょっとした裏技をお教えしよう。お店のスタッフに「ミンタ しょうゆヤマサ ダン ワサビジャパン(ヤマサ醤油と日本のワサビをください)」と言おう。そうすれば、私たちが日頃慣れ親しんだいつもの醤油とワサビを出してくれる。これで心置きなくお寿司を堪能できるだろう。

【関連情報】

大きくて立派な建物。駐車場も広い 大きくて立派な建物。駐車場も広い

■ Sushi-Tei(すし亭)
住所:Jl.Sunset No.99, Kuta, Bali, Indonesia
スミニャック方面からサンセット通りをクタ方面に進み、スーパーマーケット「カルフール」の少し手前、道路沿いの左側。
Tel:(62-361)7807744
Open:11:00〜23:00(金・土曜のみ 〜24:00)/無休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/01/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索