page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

今年ももうすぐ!バリ島のにぎやかなお祭りオゴオゴと静かな旧正月ニュピ


バリ島でオゴオゴとニュピを体験しよう

信心深いバリの人たちは1日2回、家寺をはじめ、家内の火の神様、水の神様などにお供え物と祈りを捧げる 信心深いバリの人たちは1日2回、家寺をはじめ、家内の火の神様、水の神様などにお供え物と祈りを捧げる

バリ島にはウク歴とサカ歴という旧暦があり、バリ・ヒンドゥー教のほとんどの行事がこの暦によって決められている。西暦によるお正月などの行事は、外国人観光客のために大型ホテルや一部のレストランで行われるだけで、一般家庭ではなにもしないのが普通だ。ところが、この旧暦で決められたお正月(ニュピ)は、前夜祭のオゴオゴとともに島をあげての一大行事。ニュピは「静かに過ごすこと」がすべての人に義務づけられているので、大声を出したり、火を使ったり、仕事をしたりすることばかりか、夜に明かりをつけることや外出することさえも禁じられている。そのせいで、ニュピを含む日程での旅行はツーリストたちから敬遠されがちなのだけれど、私はあえてオススメしたいと思う。

昔ながらの日本のお正月にも似た…

オゴオゴをかついで町を練り歩く人たち。この人形は魔女ランダをかたどっている オゴオゴをかついで町を練り歩く人たち。この人形は魔女ランダをかたどっている

バリは観光で食べている島。いくらこの島の人々の信仰心が厚いといっても、そこはそれ、おおらかな熱帯気質の人たちでもあるので、大きなホテルやヴィラに泊まれば敷地内はある程度の治外法権になっている。小さな明かりもつけられるし、敷地内は自由に歩き回ることもできる。観光やショッピングなどに行かれない分、プールサイドで寝そべって本を読んだりして、日頃の疲れを取るのに最適なのんびりとした一日が過ごせるというわけだ。しかも、前夜祭のオゴオゴ行列は地元の人たちが大きなハリボテ人形(これもオゴオゴと呼ばれている)をかついで練り歩くという、大きなお祭りでもある。このお祭りで大きな音を出し、みんなで大騒ぎした翌日が静かにすごすお正月というのは、除夜の鐘の音で煩悩や汚れを清め、家族で静かにすごす昔ながらの日本のお正月に通じるところがあるように思う。ただ、日本人気質とバリ人気質の差で、ここでは除夜の鐘の音がさらにパワーアップされたにぎやかな音になっているのではないだろうか。

地域の人たちがみんなで作る手作りのオゴオゴ

夜になるとオゴオゴも迫力を増してクライマックスへ 夜になるとオゴオゴも迫力を増してクライマックスへ

大きなハリボテ人形をかついで練り歩くお祭りというと、青森のねぷた祭りを思い出す人も多いと思う。けれど、ねぷたは職人さんが作るのに対して、オゴオゴの場合は一般の人たちの手作り人形であるというところがスゴい。さすが手先の器用なバリ人だ。中には「う〜ん?」というものもあるけれど、全体的なレベルは高い。各バンジャール(村よりも小さな自治体)で力を合わせて人形を作り、オゴオゴ当日のパレードの後に順位をつける地域もある。人形のモチーフは伝説の人物やバリで信じられている悪魔などが多いが、近年はただ伝統的なものばかりでなく、サーフィンやサッカーなどの現代的な要素も取り入れられたユニークなものも多い

子どもたちの力作に思わず拍手

バリでもサッカーは大人気。子どもたちの夢を乗せて、サッカー選手のオゴオゴが夜の町を練り歩 バリでもサッカーは大人気。子どもたちの夢を乗せて、サッカー選手のオゴオゴが夜の町を練り歩

オゴオゴ作りはなにもおとなたちだけのものではない。子どもの部もあって、自分たちの力作をみんなで誇らしげにかついでいる。その姿はほほえましく、思わず応援したくなってしまうほどだ。そして、おとなも子どもも心を込めて一生懸命作ったはずのこのハリボテ人形は、祭りの最後に海に流されるものと相場が決まっていた。ところが、ここ数年、やはりもったいないからか、海に流さずにそのまましばらくバンジャール所有の建物に飾られることが多くなったようだ。ニュピの後に町なかで大きなハリボテ人形を見たら、それはオゴオゴの祭りの名残。せっかくみんなが頑張って作った人形だから、記念撮影くらいして彼らの力作を日本に持ち帰ってあげたいものだ。

【関連情報】

オゴオゴ直前にも、できあがった人形が町角に飾られる。道行く人たちも興味津々だ オゴオゴ直前にも、できあがった人形が町角に飾られる。道行く人たちも興味津々だ

*2009年のニュピ:3月26日(旧暦によって決められるので西暦では毎年変わるが、だいたい3月〜4月になることが多い)
*オゴオゴはニュピの前夜に行われる。交通規制があるので、歩いてホテル近くのオゴオゴを見物に行った方が無難。泊まるホテルの近くでオゴオゴが行われるかどうか、事前にホテルにチェックしてみよう。
*ニュピ当日は飛行機の発着も禁止されるので、この日をまたいだ日程にしなければならない。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/01/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索