page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界一高価なコーヒー?!コピ・ルアクをヌサドゥア・ビーチ・ホテル&スパのカフェで


幻の超高級コーヒーをバリ島で!

1983年に創業したヌサドゥア地区で最初の5ツ星リゾート 1983年に創業したヌサドゥア地区で最初の5ツ星リゾート

コーヒー派、紅茶派、どちらかと聞かれれば紅茶派ではあるのですが、それでも一度飲んでみたいなぁと思ったのが、今回ご紹介する“世界一高価”ともいわれるコーヒー、コピ・ルアク。その希少性から“幻のコーヒー”とも呼ばれ、100g4000円くらいで流通されているようです。そのコピ・ルアクがバリ島のリゾートで味わえるのです! バリ島のヌサドゥア地区にあるヌサドゥア・ビーチ・ホテル&スパのロビー・バーで新しく取扱いがスタートしました!

ジャコウネコの消化機能を利用したコーヒー

これが幻のコーヒー、コピ・ルアク。お目にかかれるだけでも、ありがたい!? これが幻のコーヒー、コピ・ルアク。お目にかかれるだけでも、ありがたい!?

フォーブス誌によると「稀少かつエキゾチックで優雅な味わい」のコピ・ルアク。コーヒー豆はスマトラ島、ジャワ、スラウェシ島といったインドネシア群島でしか生産されていないのだそうです。ジャコウネコ科の“ルアク”に食べさせたコーヒーの果実は消化プロセスの間に消化酵素などで発酵され、独特の味わいが加わるのだそうです。映画『最高の人生の見つけ方』や映画『かもめ食堂』にも登場しているそう。気になりますねぇ。

さて、気になるお味は?

オープンなつくりのロビー・バーからは周囲の緑が愛でられます オープンなつくりのロビー・バーからは周囲の緑が愛でられます

気になるのが、そのお味。「軽くローストしたコピ・ルワクの飲み心地はシロップのようになめらかで、濃厚な甘みと芳醇な香りを放ち、キャラメルやチョコレートを味わっている感覚が続く」とのこと。聞いているだけで、飲みたくなりますね。このコピ・ルアクをテラスガーデンの緑を楽しみながらロビー・バーでいただけるのです。夕方にはライブミュージックが流れて、さらにロマンティックな雰囲気に! ちなみに、お値段はRp200,000(日本円で約1700円)×21%税です。

各国セレブをもてなしてきた老舗リゾート

上品な色遣いのデラックスルーム。年月を経て、敷地の緑もしっとりと落ち着きが 上品な色遣いのデラックスルーム。年月を経て、敷地の緑もしっとりと落ち着きが

このコピ・ルアクがいただけるのは、ヌサドゥア・ビーチ・ホテル&スパ。1983年創業以来、各国の王様、女王様、大統領、総理大臣といった要人が訪れた老舗リゾートです。熱帯の樹木が生い茂る23エーカーの庭園には、バリ宮殿をイメージしたスイートルームなど381の客室を数えます。あちこちに配されたバリ島伝統の彫刻や多彩なレストラン&バー、テンプルなども敷地内に点在。しかも150mにおよぶ白砂ビーチに面しています。ゆったりしたヌサドゥア・スパもおすすめです。

【関連情報】

■ヌサドゥア・ビーチ・ホテル&スパ
URL:www.nusaduahotel.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/03/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索