page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

安くて美味しい!クロボカンに新登場の「ワルンデス」でインドネシア家庭料理を!


掲載日:2009/04/24 テーマ:グルメ 行き先: インドネシア / バリ島(インドネシア)

タグ: おいしい グルメ レストラン


在住日本人の間で人気上昇中!ランチに最適なインドネシア料理

ワルンデス名物「エス チェンドル」は自然の甘さがクセになる ワルンデス名物「エス チェンドル」は自然の甘さがクセになる

ヴィラやレストランが続々登場中のクロボカン、プティトゥンゲッ通りに2008年12月、またしても大注目のワルン(食堂)がオープンした。ナシチャンプル(ワンディッシュプレート)がメインのワルンで、その名も「ワルンデス」。在住日本人の間で「安くて美味しい」と評判が広まり、徐々に人気がアップしてきている最中だ。この店の味の秘密はただ単に調理法だけでなく、オーナーの食材に対するこだわりにもある。網に追い込んだ魚よりも一本釣りした魚の方がだんぜん美味しいと、新鮮な一本釣り魚だけを仕入れる心意気がうれしい。また、週に一度くらいの割合で、バリ島のお隣にあるロンボク島から名産のカンクン(空心菜)なども仕入れている。ロンボクのカンクンは味の良さで有名なので、これが食べられればラッキーだろう。

ひと皿でいろいろ楽しめるナシチャンプルはパケットで

ナシチャンプルのパケット「パケット デス」は、おかずが選べてRp.17,000(約150円) ナシチャンプルのパケット「パケット デス」は、おかずが選べてRp.17,000(約150円)

店に入ると、おかずの並んだショーケースがある。まず、ここで食べたいものを選び、ごはんと一緒にナシチャンプルにしてもらう。ここではおかずにそれぞれ日本語の表記もあって、値段もキチンと表示されているので安心だ。もしも言葉が通じなくても、食べたいものを指させば盛りつけてくれるので心配はいらない。後は適当なところに座って待っていればいい。ナシチャンプルのパケット「パケット デス」は、好みの肉か魚1品、野菜3品、豆腐かテンペ(インドネシア版納豆)1品が選べ、ごはんがセットになっている。これだけあればおなかいっぱいになるはずだけれど、もっと食べたい人は追加料金で何品でも足すことができるので挑戦してみて。また、ナシチャンプルを頼むと、エス チェンドルというインドネシアの飲み物も付いて来る。これはココナッツミルクにパームシュガーと寒天ゼリーが入ったもので、食後の口直しにもピッタリだ。このエス チェンドル目当てにこの店に通う人もいるらしい。

イチ押しのアヤムゴレンは、病みつき率高し!

イチ押しの「アヤムゴレン カラサン」Rp.8,000(約70円/1ケ/ごはん別) イチ押しの「アヤムゴレン カラサン」Rp.8,000(約70円/1ケ/ごはん別)

ナシチャンプルのほかに、アヤムゴレン カラサンというフライドチキンもあるのだけれど、実はこれが私のイチ押し。パリパリに揚げた皮の中に鶏肉の旨味をしっかり閉じ込めた絶品だ。これもショーケースの中にあるので、ごはんとこれだけを頼んでもいいし、野菜と一緒にナシチャンプルにしてもらうのもいいだろう。オーダーしてから揚げるので少々時間がかかるけれど、5分や10分待たされたところで、こんなに美味しいものがいただけるのであれば文句はない。それどころか、このアヤムゴレン カラサンにはまってしまった私は、どうしてもまた食べたくなって、しょっちゅうここに足を運んでいるくらいなのだ。サンバル(チリソース)をたっぷりつけて食べれば、病みつきになること請け合いだけど、辛いものが苦手な人はそのままでも充分楽しめると思う。みなさんもぜひ一度、この味を体感してみて。きっともう一度、バリに帰って来たくなるはずだから。

【関連情報】

ワルンにしては珍しいほど広い店内で、ゆったりと食事ができる。もちろん清潔 ワルンにしては珍しいほど広い店内で、ゆったりと食事ができる。もちろん清潔

■ Warung Desu(ワルンデス)
住所:Jl. Petitenget No.100B, Kerobokan, Bali, Indonesia
スミニャックのオベロイ通りからクロボカンのプティトゥンゲッ通りに入り、道なりに行った左手。「グルメカフェ」横の路地を入ってすぐ。ホテル「ザ・レギャン」やレストラン&バー「フー」「リビングルーム」から徒歩12〜3分。
Tel:(62-361)732451
Open:9:00〜17:00(15:00くらいまでで閉まることも)/日曜休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/04/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索