page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・ドライブの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

自然の中をガンガン飛ばしてストレス解消! ATVライドでアドレナリン全開!


超エキサイティングなATVライド体験

走る! 走る! 森の中も大爆走するATVライド 走る! 走る! 森の中も大爆走するATVライド

バリ島観光の中心地クタ〜スミニャック地区から車で約1時間半、タバナンのバトゥカル山麓にある「パディアドベンチャー」の施設。ここでは、ATVという四輪バギー車に乗ってバリ島の大地を駆け巡るという、超エキサイティングなアクティビティが楽しめる。このATVライドはオーストラリアなどではすでに大人気だとかで、欧米人客はノリノリの大興奮状態。下り坂だろうが、泥道だろうが、用水路だろうが、おかまいなしにガンガン走りまくっているのだ。このアクティビティが日本人向けに紹介されてからはまだ1年も経っていないので日本人客の姿はまばらだけど、彼らもとても楽しそう。タンデム(ふたり乗り/1台US$125)もできるのに、カップルで参加してもひとりずつ乗る人が多いそうだ(ひとり乗り/US$77)。後部座席はあまり乗り心地が良くないうえに迫力にも欠けるので、やはりひとり1台の方がいい。よほど運転に自信のない人以外には、ひとり乗りをおススメしたい。

親切なスタッフの安心指導

スタート地点では、熟練したインストラクターが乗り方を親切に教えてくれる スタート地点では、熟練したインストラクターが乗り方を親切に教えてくれる

運転免許を必要としないATV車の造りはとてもシンプル。誰にでも簡単に操作できるので、スタート地点でのインストラクターの説明をちゃんと聞いていれば問題はないはずだ。出発してからは1列になって走るけれど、先頭と中程、最後尾にスタッフが3〜4人態勢でついていてくれる。だから万が一、溝にハマったり、急坂が怖かったりしても大丈夫。彼らが必ずフォローしてくれるようになっているので、女性でも安心して楽しむことができるだろう。それでもやっぱりどうしても「ここだけは私には無理」という場所があったら、コースに慣れたスタッフが代わりに運転もしてくれる。いたれりつくせりというわけだ。

バリ島の大自然を満喫しよう

田んぼの中の平坦な道をのんびり走るひとコマも 田んぼの中の平坦な道をのんびり走るひとコマも

コースはライステラスの広がるタバナンのスタート地点から始まり、ほとんど舗装されていない道を走る。森の中、田んぼ脇の道、急坂、泥道、用水路、岩がゴツゴツしている道など、バリエーションに富んでいるので飽きる暇がないほどだ。急坂ではジェットコースターに乗ったようなスリルを味わい、用水路ではインディ・ジョーンズになったような気分を味わい、田んぼの道ではのんびりとした牧歌的な雰囲気を味わうこともできる。スカッとしたり、まったり癒されたりしながら、日頃溜め込んだストレスが解消できるというわけだ。そして、どの場面でも必ず、緑いっぱいのバリ島の大自然が周りにあって、私たちを包んでいてくれる。これでさらに癒され度がアップするのだ。「泥んこになるのはイヤだな」という女子もいざ乗ってみると、童心に戻って楽しめるこのATVライドにハマってしまう人も多いというから、ぜひ一度お試しを

【関連情報】

インドネシア料理のビュッフェランチでは、好きなものを好きなだけ インドネシア料理のビュッフェランチでは、好きなものを好きなだけ

Paddy Adventure(パディアドベンチャー)
事務所住所:Perumahan Kuta Permai Blok IV / I, Jl. Bypass Ngurah Rai, Tuban, Kuta, Bali, Indonesia
Tel:(62-361) 759048 / 9191948
Web:http://www.paddyadventurebali.com/adventure.php?go=atvride

*ATVとはAll Terrain Vehicleの略で、「全地形対応車」という意味
*クタ、スミニャック、ジンバラン、ヌサドゥア、サヌール、ウブド市街はホテルまでの無料送迎付き(ウブド郊外は片道US$15/車1台)
*食べ放題ビュッフェランチとお土産のTシャツも付いている

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/08/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索