page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・ビューティーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ウブドに続きジンバランにも。バリ島に2軒目のロクシタンスパが登場!


掲載日:2011/06/06 テーマ:ビューティー 行き先: インドネシア / バリ島(インドネシア)

タグ: エステ スパ マッサージ


バンブーをふんだんに使ったおしゃれなスパ

広々としたトリートメントルーム。空調設定もちょうど良い 広々としたトリートメントルーム。空調設定もちょうど良い

2011年4月1日、ジンバランのウルワツ通りに「バンブースパ by L’OCCITANE」がソフトオープンした。これはバリ島で3軒のホテルを展開する「クプクプリゾート」と、日本でも有名なコスメブランド「ロクシタン」がコラボしたもので、ロクシタンスパとしてはウブドの「マンゴーツリースパ by L’OCCITANE」に続き2軒目になる。シングルルーム5室、ツインルーム9室のトリートメントルームに加え、リラクゼーションルーム、リフレクソロジーラウンジ、プライベートスチーム、ロクシタンブティックも併設。同時オープンのホテル「クプクプ・ジンバラン」の中にあり、ロクシタン発祥の地である南仏プロバンスのデザイナーがバリ島の天然素材バンブーをうまく取り入れて設計したスパ内には、ロマンティックなオトナの雰囲気が漂っている。

世界でここだけのオリジナルメニュー

ヴァーベナ・バンブーパッケージで使われるプロダクト。左横にあるバンブーの棒でマッサージもしてくれる ヴァーベナ・バンブーパッケージで使われるプロダクト。左横にあるバンブーの棒でマッサージもしてくれる

世界に30軒以上あるロクシタンスパのなかでも、このバンブースパでしか受けられないオリジナルメニューがある。これは「ヴァーベナ・バンブーパッケージ」と呼ばれるもので、ヴァーベナ・バンブー・チルアウトUS$40(45分)、ヴァーベナ・バンブー・フュージョンセラピーUS$75(60分)、ヴァーベナ・バンブー・ウェルビーイング・エスケープUS$135(120分)、ヴァーベナ・バンブー・ラグジュラスジャーニーUS$175(180分)の4種類。ヴァーベナとはレモンのように爽やかな柑橘系のハーブで、安眠、リラックス効果があり、その昔、魔女が恋薬に入れていたということから「一晩でハートを奪い、恋する力を目覚めさせる魔法の香り」ともいわれているそうだ。このパッケージでは、そんなヴァーベナのプロダクトとバリ島産のバンブーを使い、心身ともにリラックスさせてくれる。

行き届いたサービスに大満足

バンブーが描き出す曲線が見事なスパフロント バンブーが描き出す曲線が見事なスパフロント

トリートメントの前には、マッサージの強さの好みをはじめ、アレルギーや持病の有無などを専用シートに書き込むようになっている(日本語表記あり)。これによって、各セラピストがゲストのニーズにあった安全なトリートメントを行うことができるのだ。また、マッサージベッドにうつ伏せになった後、セラピストがてのひらにラベンダーなどのアロマオイルをつけてゲストの顔の下に差し出して香りを嗅がせてくれるのだが、これがとても良い気分。一気にリラックスモードに突入できる、優れたサービスといえるだろう。施術中ももちろん、「痛くないですか?」「強すぎたら言ってください」など、日本語で丁寧に対応してくれる。せっかくのリゾート、せっかくのホテルスパなら、これくらい気持ちの良いサービスを受けたいものだ。終わった後は身体もすっきり、ほんわかしたシアワセな気分になっているはず。5月中旬には、ホテル「クプクプ・ジンバラン」、「チョコレートカフェ」「トペンレストラン&バー」などとともにグランドオープンする予定なので、ぜひ一度足を運んでみてほしい。ちなみに、カフェやレストランの味も◎だ。

Data

スパへと続く坂道。両脇には水が流れている。「左側から昇り、右側から降りるとシアワセになる」というフランスの言い伝えにより、石のカメが左右を昇り降りしている スパへと続く坂道。両脇には水が流れている。「左側から昇り、右側から降りるとシアワセになる」というフランスの言い伝えにより、石のカメが左右を昇り降りしている

Bamboo Spa by L'OCCITANE(バンブースパ バイ ロクシタン)
住所:Kupu Kupu Jimbaran, Jl.Uluwatu, Jimbaran, Bali, Indonesia
ジンバランのウルワツ通りから「フォーシーズンズ・リゾート」方面に入る三叉路の角
Tel:(62-361) 703342
営業時間:10:00?22:00

*料金には税・サ21%が加算されます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/06/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索