page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・癒しの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

安いのに高クオリティ! ロコに大人気のマッサージ店で疲れスッキリ


掲載日:2012/10/30 テーマ:癒し 行き先: インドネシア / バリ島(インドネシア)

タグ: お得 一度は行きたい 癒し


一度行ったらヤミツキになる!? 毎日でも通いたいマッサージ店

受付スタッフの中にはカタコトの日本語を話す人もいるが、英語で書かれたメニューはわかりやすいので、言葉が通じなくても大丈夫 受付スタッフの中にはカタコトの日本語を話す人もいるが、英語で書かれたメニューはわかりやすいので、言葉が通じなくても大丈夫

今回は、最近私がハマっている、おススメのマッサージ店をご紹介しよう。バイパスからサンセットロードに入ってすぐのところにある「リボーン」だ。「生まれ変わる」という意味の名を持つこの店は、リーズナブルな料金設定と質の高さで、アッパークラスのロコたちから絶大な人気を得ている。一日中、客足が途絶えることなく、特に土曜日、日曜日、祝日は満室になる日もあるほど。平日でもタイムサービスのある10時〜2時、夕方〜夜にかけてはかなり混み合うので、予約をしてから行った方が確実だ。比較的、空いているのは平日の3時〜5時くらいなので、混むのがイヤな人はこの時間帯を狙って行こう。

イチ押しのフットリフレクソロジーはふかふかソファーで

ふっかふかのリクライニングソファーが並ぶ、フットリフレクソロジールーム ふっかふかのリクライニングソファーが並ぶ、フットリフレクソロジールーム

この店では、漢方、鍼灸と並ぶ中国古来の伝統療法「推拿(すいな)」のほか、バリニーズマッサージなどのボディマッサージRp.98,000(60分/約816円)、頭をスキッとさせるイヤーキャンドルRp.123,000(40分/約1,025円)、ボディスクラブRp.68,000(30分/約566円)など、豊富なメニューの中から好きなものを選ぶことができる。が、しかし、ここで選んでいただきたいのはフットリフレクソロジーRp.84,000(60分/約700円)だ。ふかふかのリクライニングソファーは、170度くらいに倒すことができ、座り心地もとても良い。薄暗い照明のなかで、リラックスして施術を受けることができるのも高ポイントだ。しかも、ここのマッサージスタッフはレベルが高く、私は何度も通っているが、一度もはずれたことがない。終わった後は足の疲れもなくなり、スッキリと軽くなっているので、旅の疲れを取るのにもちょうどいいだろう。

お得なパッケージや50%オフのタイムサービスも!

ボディマッサージはカーテンで仕切られた個室で ボディマッサージはカーテンで仕切られた個室で

ただでさえ安い料金設定になっているのに、毎日、朝10時から昼の2時まではタイムサービスまであり、パッケージを除く全メニューがなんと50%オフになるというからオドロキだ。普通のローカルマッサージ店は夕方から混み合うが、それまでは空いていることが多い。特に午前中はガラガラなのだが、この店ではこのタイムサービスがあるため、予約をしないと入れないほど人が集まるのだそうだ。また、これ以外にお得なパッケージメニューも4種類あり、どれでも2時間でRp.118,000(約983円)。推拿(すいな)2時間、推拿1時間30分+アロマボディスクラビング30分、フットリフレクソロジー1時間+バリニーズマッサージ1時間、フットリフレクソロジー1時間30分+ネック&ショルダーマッサージの中から選べるが、私のおススメはフットリフレクソロジー+ネック&ショルダーだ。足だけでなく、手や腕、肩、首、背中もマッサージしてもらえるので、コンピュータ仕事で疲れた部分も癒される。みなさんもぜひ一度、お試しを。

【関連情報】

バイパスからサンセットロードに入ってまもなく、大きな看板があるのですぐにわかる バイパスからサンセットロードに入ってまもなく、大きな看板があるのですぐにわかる

Data
REBORN(リボーン)
住所:Pertokoan Niaga Dewa Ruci No.A-1, Sunset Road, Simpang siur, Kuta, Bali, Indonesia
バイパスの交差点シンパンシウールからサンセットロードに入り、車で約1分の左側
Tel:(62-361) 767171 / 766744
Web : www.reborn.com.my
営業時間:10:00〜23:00
*料金には12.5%の税金がプラスされます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/10/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索