page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

サンセットロードにニューオープンのおすすめレストラン「ブラックペッパー」


掲載日:2012/12/01 テーマ:グルメ 行き先: インドネシア / バリ島(インドネシア)

タグ: グルメ レストラン 素晴らしい


メキシカンからイタリアンまでメニューもいろいろ楽しめる

手前から時計回りに、パシフィック リム サラダRp.55,000(約458円)、クラムチャウダーRp.55,000(約458円)、ブラックペッパー ナチョRp.59,000(約491円) 手前から時計回りに、パシフィック リム サラダRp.55,000(約458円)、クラムチャウダーRp.55,000(約458円)、ブラックペッパー ナチョRp.59,000(約491円)

この7月、スミニャックのサンセットロード沿いにオープンしたレストラン「ブラックペッパー」は、ラヤ・スミニャック通りにある人気フランス料理店「シップ ワインバー」の姉妹店。オーナーはシップと同じフランス人男性だが、こちらではメキシコ人シェフを迎え、メニューもメキシカン、パスタ、ピザ、サンドウィッチ、バーガー類など、よりカジュアルなラインナップになっている。エアコンの効いた店内席と明るいテラス席があり、どちらも気取らない雰囲気で、ゆったりできるのも魅力のひとつだ。料理の味の方も良く、特におススメなのが写真のクラムチャウダー。これはお隣のロンボク島で採れたアサリを使ったニューイングランドスタイルで、濃厚なクリーミースープにはアサリの出汁が効いてとても美味しい。この店イチ押しのメキシカンも、写真のナチョのほか、ケサディーラやファジタス、チリドッグ、コブサラダなど、バラエティに富んでいる。

スウィーツだけでも大満足! おやつにもデザートにもおススメ

4種類の味が楽しめるパレット オブ クリームブリュレRp.35,000(約291円)。左からチョコ、コーヒー、ピスタチオ、バニラ 4種類の味が楽しめるパレット オブ クリームブリュレRp.35,000(約291円)。左からチョコ、コーヒー、ピスタチオ、バニラ

ここではスウィーツも忘れてはいけない。別腹のできない人は、料理だけでお腹がいっぱいにならないように注意しよう。写真のクリームブリュレはもちろん、タルトタティンやチョコレートを使ったものなど、どれもほど良い甘さで、癒され度も満点だ。さすがお菓子の国フランスから来たオーナーだけのことはある。スウィーツ大好き派は、これだけを食べに行ってもいいだろう。クリームブリュレに添えられている自家製アーモンドチュイルも絶品で、それは思わずおかわりしたくなるほど。その下には甘さをかなり控えたホイップクリームがあり、クリームブリュレと一緒にいただくとシアワセな気分になれることウケアイだ。

気配りの効いたトイレにも感動!

まるで5つ星ホテルのレストルームのようなトイレ まるで5つ星ホテルのレストルームのようなトイレ

シップに行ったことがある人のほとんどが感動するトイレ。そのトイレをさらに進化させたのがブラックペッパーだ。清潔なのはもちろんのこと、一流ホテルのような重厚な造りの中にエアコンもバッチリ効いていて、テレビまでついている。しかも、洗面台の上にはミネラルウォーター、頭痛薬、生理用品、綿棒などが常備され、そのどれもが無料サービスだということに驚かされるだろう。おまけに、ミネラルウォーターのためのキレイなグラスまでキチンと揃っている。街のレストランでここまでいたれりつくせりなのは、めったにないことだ。ただし、シップの場合は店舗スペースの都合からか、個室が男女兼用でひとつしかない。それに対し、ブラックペッパーでは男女別に別れているほか、女性用には個室が3室用意されている。バリ島の観光エリアではトイレ事情も大分良くなってきてはいるが、ここまで安心してリラックスできるのはどこを探してもないだろう。オーナーの気配りに感動できるレストランだ。

【関連情報】

サンセットロード沿いにあり、大きな建物なのですぐにわかるだろう サンセットロード沿いにあり、大きな建物なのですぐにわかるだろう

Black Pepper(ブラックペッパー)
住所:Sunset Road No.88X, Seminyak, Bali, Indonesia
クンティ通りの輸入品スーパー「バリデリ」からサンセットロードに出て右折。徒歩約2分の右側
Tel:(62-361) 8475830
営業時間:8:00〜23:00

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/12/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索