page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
インドネシア・バリ島(インドネシア)・海外旅行の準備の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バリ島への旅行準備


掲載日:2013/10/22 テーマ:海外旅行の準備 行き先: インドネシア / バリ島(インドネシア)

タグ: ためになる


バリ島の治安・トラブル・マナー・宗教・喫煙事情

■治安
バリ島の治安は良い方ですが、置き引きやバイクを使ったひったくりなどは発生しています。お財布やカメラ、携帯などは外に出しておかない、荷物は道路側に持たないなどの注意はしておきましょう。また、最近では、観光客に声をかけてお土産屋に誘い、高い値段で商品を買わせてコミッションを稼ぐ日本人女性も出没しています。

■トラブルに巻き込まれた時
パスポートを紛失したり、盗難にあったりした時は、すみやかにご利用の旅行代理店に連絡しましょう。ほとんどの旅行代理店にバリ支店があり、日本人スタッフが常駐しています。代理店を通さずに旅行していてパスポートを紛失した場合は、デンパサールの日本領事館に連絡して再発行手続きを申請します。

■マナーや宗教
人口の90%以上を占めるバリ・ヒンドゥー教に限らず、インドネシアのイスラム教やキリスト教でも、人の頭に触ることは厳禁とされています。たとえかわいい子どもがいても、決して頭をなでたりしてはいけません。

・チップ
チップは特に必要はありませんが、ホテルのスタッフなどに特別なお願いをしたときなどは、気持ちとしてチップを渡すと良いでしょう。

・喫煙や飲酒
飲酒の習慣はほとんどありませんので、酔っぱらって騒ぐことも控えた方が賢明です。喫煙率は高く、吸える場所もたくさんあります。

両替とクレジットカード、T/Cの利用について

バリ島への旅行準備 バリ島への旅行準備

■通貨の種類・両替はどこでする?
通貨はインドネシアルピアになり、日本でも両替はできますが、レートがかなり悪くなるので現地で両替した方がいいでしょう。デンパサール空港もレートが悪く、騙される人も多くいます。空港では最低限の両替にとどめて、街なかの両替所で替えるのがお薦めです。ただ、コミッションを取る所やごまかす所も多いので、あらかじめガイドブックなどで信頼できる両替所を探しておくか、店構えのしっかりした両替所を選びましょう。

現地での交通手段

バリ島への旅行準備 バリ島への旅行準備

■タクシー
言葉の心配のある人は旅行代理店の日本語ガイド付き車のチャーター、それ以外の人はタクシー、観光客用シャトルバスなどを利用するといいでしょう。タクシーは数社ありますが、水色のブルーバードタクシーがいちばん人気です。ただし、どのタクシーでも乗車時に必ず、メーターを使うよう指示を忘れずに。また、空港からは空港タクシー以外のタクシーには乗車できません。到着時には旅行代理店、もしくは宿泊先からの送迎を頼んでおいた方が無難です。

■ほか、現地での乗り物
バリ島ではベモという乗り合いバスもありますが、近年はかなり数も減少しているうえ、車内でのスリなども多いため、お薦めできません。

変圧器(電圧・プラグ)について

バリ島への旅行準備 バリ島への旅行準備

■電圧
電圧は220Vで、コンセントタイプは2穴の丸形です。

■プラグ
Cタイプになります。大きなホテルでは変圧器の貸し出しもしてもらえますが、電化製品を持ち込む場合は、海外旅行でも使える110〜220Vのものにした方がいいでしょう。また、Cタイプのプラグも同時に持って行くと便利です。

バリ島の祝祭日

1月1日 新年
1月24日 モハメッド聖誕祭*
2月10日 チャイニーズニューイヤー*
3月29日 キリスト受難日*
5月9日 キリスト昇天祭*
5月25日 ワイサック(仏教祭)*
6月6日 モハメッド昇天祭*
8月5〜7日 政令指定休日*
8月8〜9日 イドゥル・フィトリ(レバラン/イスラム教断食明け祭)*
8月17日 独立記念日
10月14日 政令指定休日*
10月15日 イドゥル・アドハ(イスラム教犠牲祭)*
11月5日 ヒジュラ正月(イスラム教ニューイヤー)*
12月25日 クリスマス
12月26日 政令指定休日*

この祝祭日は2013年の例です。*印のついたものは毎年日付が変わりますのでご了承ください。また、バリ島に関しましては、毎年2〜3月位に独自の暦による新年(ニュピ)があり、1日外出禁止で、飛行機の離発着もなくなります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/10/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索