「癒しの島」と呼ばれるバリでエステを受ける

「癒しの島」なんて呼ばれ方をするバリ。その理由のひとつは、スパが多く充実していることでしょう。それでいて日本国内でエステサロンへ行くよりも安い!南国の雰囲気も素敵で、身も心も癒されますよね。バリの伝統的なエステだけでなく、インド伝承医学のアーユルヴェーダも受けられるので、滞在中は毎日エステ三昧なんてことも可能かも!?

本場のバリエステとともに、癒しの『ハーブボール』を体験! 本場のバリエステとともに、癒しの『ハーブボール』を体験!

ハーブを包んで蒸らしたボールが気持ちいい

そんなバリの多くのエステで取り入れられているのが『ハーバルボール(ハーブボール)』。エステのメニューの中に組み込まれていて、気持ちがいいと評判です。ハーバルボールは薬草玉で、天然ハーブ数種類をコットン製の布で包んで蒸らしたもの。タイ発祥と言われています。蒸らした温かさ、手業、圧で肌やツボ、関節に押し当てます。温熱効果と天然ハーブの効能によって血流を促し、発汗させることでエステの効果を高めるために使われるんですよ。

体をほぐしてから、ハーバルボールを使います。

実際の施術では、ハーバルボールを使う前に全身を揉み解して血流を良くするのが一般的。体が十分ほぐれたところで、蒸したハーバルボールを体に押し当てます。施術を受ける前に、お悩みや体質を聞かれて、それに合ったハーブを調合してくれるところもありますよ。蒸気による温熱効果だけでも気持ちがいいですが、押し当てることでツボや疲れた箇所をグイグイ刺激し、極楽気分に慣れること間違いなし!ハーブの力で体質改善や美肌効果も期待できます。リラックスすることでストレスからも解放されそうですね。

買って帰ることができるので、ぜひお土産に。

そんなハーバルボールですが、購入してお土産にすることもできます。自分用にはもちろん、ご家族やお友達のためにもぜひどうぞ。不調を抱えていたり、ストレスフルだったり、疲れがたまっていたりする女性なら誰もが喜ぶはず!自宅で使う際は、蒸し器で蒸らしたり、濡らしたハーブボールをラップにくるんで電子レンジで温めるなどして蒸らします。それを肩、背中、腰、脚、頭皮などに押し当てます。蒸らした直後は熱すぎるかもしれないので加減をしてくださいね。熱いのを我慢して押し当てたからといって効果が高くなるわけではありません。くれぐれも無理はせず、気持ちがいいところで止めておきましょう。