500年かけてつくられた大衆音楽クロンチョン

インドネシアの音楽といえば、バリやジャワのガムランなどが頭に浮かぶと思いますが、そういった伝統音楽とは一線を画した「クロンチョン」という音楽をご存知でしょうか? クロンチョンは、インドネシアを代表する大衆音楽。その起源は約500年ほど前に遡ることができ、当時インドネシアの島々にやってきたポルトガルの船員たちの音楽がインドネシアの音楽と混じって生まれたと言われています。

ポルトガルの置き土産 インドネシアの大衆音楽クロンチョン その1 ポルトガルの置き土産 インドネシアの大衆音楽クロンチョン その1

ポルトガルがインドネシアに置いていったもの

当時のポルトガル船にはポルトガル人だけでなくアフリカ、アラブ、インド、スリランカなどの人々もいたと言われます。インドネシアでの覇権をオランダに奪われると、ポルトガル人はゴアやマカオに引き上げましたが、彼らに連れてこられたアフリカ、アラブなどの様々な人々や、彼らと現地の人々との間に生まれた子孫がインドネシアに残されました。クロンチョンの核となったのは、正にポルトガルの船員たちの「音楽」と、彼らがここに残した「人々」。この二つがインドネシアの音楽と融合し、時を経ることにより作られたものなのです。クロンチョンを聴くと何とも言えない大らかさに魅了されますが、それはこうしていろいろなものを飲み込み、長い年月をかけてじっくりと「醸成」されたからこそだと思われます。

インドネシア各地へと広がったのは20世紀になってから

その後20世紀になるとクロンチョンは、バンサワンという大衆演劇に取り入れられ、その劇団の巡業により、行く先々へと広められていきます。現代ではインターネットにより、情報のみならず音楽までもが拡散する時代ですが、こういった人力で音楽が伝播するというプロセスに何とも言えぬロマンを感じてしまうのは筆者だけでしょうか? その後、ラジオが普及しだした1920年代の終わりごろには、クロンチョンもラジオの電波にのり、インドネシア中に浸透していきました。現在、クロンチョンはいくつもの派生形を生み出しながら(ラップと融合させている人もいます!)、インドネシアの人々に愛されています。

打楽器を使わないのがクロンチョンの特徴

クロンチョンの面白いところは、基本的には打楽器が使われず、弦楽器がリズムを作っていくところです。編成としては、歌手を中心にフルート、ヴァイオリン、チェロ、ギター、ベースに、チャック(バンジョー)とチュック(ウクレレ)と呼ばれる小型の弦楽器が加わります。このチャックとチュックが入れ子のように絡み合ってリズムを作り、チェロは弓ではなく指弾きでピチカートのようにミュートしながら、「パーカッションのように」音を出すのです。初めてクロンチョンを聴くと、そのあまりの自然さに、パーカッションが入っていないことに全く気づかないほどです。