リゾートで観光をしないで過ごす

アジアリゾートで知られるバリ島は、家族旅行にもハネムーンにもお勧めの場所です。マリンスポーツも楽しめますし、寺院巡り観光をしたり、アジアエステも格安で受けられます。私もいつもその目的でバリ島を訪れていましたが、リピーターになるにつれ、別の楽しみ方を見つけました。それは、何もしないリゾートの過ごし方。ビーチやホテルプールでゴロゴロするのもいいですし、くつろげるおしゃれなカフェも増えてきました。バリ島のカフェテリアはどんな感じなのでしょう。

おしゃれカフェでのんびり過ごそう!In バリ島 おしゃれカフェでのんびり過ごそう!In バリ島

バリ式コーヒーの飲み方とは

インドネシアはコーヒーの名産地なので、バリ島では美味しいコーヒーが飲めます。バリ式の飲み方は、少し日本の飲み方と異なります。まず透明グラスに、粗挽きのコーヒー粉、ミルクや砂糖を入れ、お湯を加えて混ぜます。粉は溶けず下に残るので、その上澄みだけを飲みます。コーヒーショップでは粉の残らない欧米式?のアイスコーヒーが出されます。せっかくなので、バリ式も一度は味わってみるのも悪くありませんよ。

風が通る2階デッキや木陰でカフェタイム

最初訪れた10年以上前に比べると、ずっとおしゃれな雑貨の店やレストランが増えたバリ島。もともとオーストラリアからの観光客も多かったのですが、さらに欧米からの観光客も増えたからでしょうか。カフェテリアのテイストも日本人好みのおしゃれ系が増えました。太陽の照り返しの強い1階は避け、2階建ての外のオープンデッキで何時間も過ごすことが新しい楽しみになりました。緑の多いウブド地域へ行くと、1階でも木陰ができていて直射日光を避けてくつろげます。それでも日中の暑さにまいってしまうと、冷房のきいた店を探してしまいます。

快適室内でまったりカフェタイム

見つけたのは、クタ地区でも大通りから一本細い道に入った個人経営の小さなカフェテリア。こういった店が増えてきました。冷たいフレッシュフルーツジュースとパンケーキなど洋食も注文して、冷房の室内でふわふわソファーに座り、つい長居してしまいました。友達との会話に夢中になり、気がつくと3、4時間があっという間に経っていることも。少し高級なヌサドゥア地区に泊まれば、海の見えるカフェテリアでくつろぐのもいいですね。バリ島での休暇を、のんびり過ごすのはいかがですか。